鈴木マサルさんの大人気シリーズ 、ムーミンハンカチに新柄が登場!

公開日: : ファッション小物, ファブリック

handkerchief_3

marimekko(マリメッコ)のテキスタイルデザイナーとして知られる鈴木マサルさん。
先日、南青山のスパイラルガーデンで行われた鈴木さんの傘展についてはこのサイトでも紹介しました。

その鈴木さんが手掛けている人気シリーズ、QUARTER REPORT「MOOMIN TRIBUTE WORKS」のムーミンハンカチに新柄が登場しています。

handkerchief_1

パパの休日/イエロー
handkerchief_2

パパの休日/ブルー

リンゴの木の上でワイン片手に読書を楽しむパパ。見上げるムーミンとママのなんともいえない表情も面白いですね。
サイズは50cm×50cm。お弁当を包んだり、ナプキンとして使ってもいいかも。1,620円(税込)。

 

ソフィア・ヤンソンさんも絶賛した、新たなムーミンワールド

ムーミンハンカチはトーベ・ヤンソンの原作を元に、鈴木マサルさんが描く新たなムーミンワールド。
その完成度についてはトーベの子孫であるソフィア・ヤンソンさんが「オリジナル以外では最高の出来ばえ!」と太鼓判を押したほど。
それでは、これまでに鈴木さんがテキスタイルで紡ぎ出したムーミンのショートストーリーを見てみましょう。

 

handkerchief_14

ここにいるよ/グリーン

 

handkerchief_13

ここにいるよ/ピンク

いつも一緒にいるけど、それぞれが好きなことをしながら微妙な距離をとっている。
鈴木さんの考えるムーミン、フローレン、スナフキンの素敵な関係が表現された一枚。

 

handkerchief_12

月夜の不思議/ブラック

 

handkerchief_11

月夜の不思議/パープル

真夜中に起きた不思議な出来事。洞窟の石像が突然動き出した! 様子をうかがう3人。
右下に表れた不気味な影は!? この後の展開に想像がふくらみますね。

 

handkerchief_10

ミイのマフラー/ベージュ

 

handkerchief_9

ミイのマフラー/ブルー

 

handkerchief_6

ミイのマフラー/Xmas(限定カラー)

ミムラ夫人の編むマフラーにイタズラしているのはミイのきょうだいたち。
ミイにこんなたくさんのきょうだいがいるって知ってました?
腰に手を当てた、元気一杯のミイの立ち姿がかわいらしいですね。

 

handkerchief_22

ニョロニョロの種/イエロー

 

handkerchief_21

ニョロニョロの種/グレー

 

果物の種だと思って蒔いたらニョロニョロの種だった!
ムーミンコミックのストーリーを元に描かれています。
ムーミンの曇り顔に思わず吹き出してしまいます^^

 

handkerchief_19

傘がない/オレンジ

 

handkerchief_15

傘がない/グリーン

船で冒険に出た3人。突然の雨に、ムーミンだけ傘がない……。
ちょっとムーミンを気遣う気配のスニフ。ミイは口元に笑みを含んでいるような……。
三者三様の表情にキャラクターがよく表れています。

 

handkerchief

ひと休み/パープル

 

handkerchief_4

ひと休み/グリーン

 

handkerchief_18

ひと休み/イエロー(限定カラー)

見たこともないような植物がたくさん生えている不思議な森の中。
ムーミンは横になってひと休み。
原画から引用した森の絵に鈴木さんの創作が加えられた作品です。

 

handkerchief_17

ママの壁紙/オレンジ

handkerchief_8

ママの壁紙/ブルー

壁紙を張り替えるママをちょっと心配そうに見守るみんな。
全員が後ろ姿だけど、それぞれの表情が思い浮かびませんか。
ママが張り替えているにぎやかな壁紙も素敵。こんな壁紙ほしいですね。

 

handkerchief_5

ゆきだまの灯/ブルー

 

handkerchief_20

ゆきだまの灯/ブラウン

冬眠から覚めてしまったムーミン。雪で真っ白な森の中をさまよっていると輝く「ゆきだまの灯」が。
灯に引き寄せられたムーミンがトゥーティッキと出会う名シーンです。
アラビアのムーミンマグにも採用されているモチーフ。

 

handkerchief_16

モランとばったり/ベージュ

 

handkerchief_7

モランとばったり/グリーン

近づくものを凍らせてしまう孤独な魔物モラン。
モランの近くのライラックの花は萎れてしまっていますね。
ちょっと怖がりながらも、モランにまっすぐ向かい合うムーミンの表情がけなげです。

どのハンカチにも1972年度版のムーミンを見て育ったという鈴木さんの想いが込められている気がします。
テキスタイルデザイナーとして大活躍中の鈴木さん。これからも新作に期待です!

 

●鈴木マサル/Masaru Suzuki

kasaten9

1968年千葉県生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、デザイン会社に勤務後独立。
フィンランドのマリメッコ社やラブアン カンクリ社のデザインなどを手がける。
2005年に自身のブランド「OTTAIPNU(オッタイピヌ)」を立ち上げる。
東京造形大学の准教授も勤める、世界で活躍するテキスタイルデザイナー。

 

 

desktop

関連記事

heritage2

大人の装いに相応しいクラシカルなデザイン GEORG JENSEN(ジョージジェンセン)の HERITAGE(ヘリテージ)コレクション

デンマークを代表するアクセサリーブランドで今年、創業110周年を迎えるGEORG JENSE…

NOKIAN_1

雪の日だってワクワクしちゃう! NOKIAN(ノキアン)のレインブーツ

今年は東京でも40数年ぶりの積雪量を記録したそうで、 お出かけはもちろん、通勤や通学にも困…

vaxbolin2

使い込むほどに増す ふんわりナチュラル感 Vaxbo Lin(ヴァクスボ・リン)の高品質なリネン

“毎日使うものだからこそ品質にこだわりたい”。“自然素材で高品質なものを大切に長く使うライフ…

siena

artek(アルテック)の シンプルモダンなファブリック SIENA(シエナ)を暮らしのアクセントに

フィンランドが生んだ大建築家Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)はファブリックのデザ…

ph3

レトロポップなAlmedahls(アルメダールス)のリネンで キッチンに北欧の風を

(all snap by instagram) ポップでどこか懐かしいデザインが人気の…

sagen2

北欧ヴィンテージ陶器を使ったSägen(セーゲン)のハンドメイドジュエリー

身につけているアクセサリーで、その人がどんな趣味嗜好なのか、なんとなく分かるような気がしませ…

unikkobag_1

6.13(THU)発売、UNIKKO(ウニッコ)50周年記念!marimekko(マリメッコ)のファブリックバッグ

marimekko(マリメッコ)を代表するテキスタイル、UNIKKO(ウニッコ)。 ケシの…

Finlayson1

ムーミンやFELISSIMO(フェリシモ)とのコラボも! Finlayson(フィンレイソン)のファブリック

1820年の創業と、およそ200年もの歴史を誇るフィンランドのテキスタイルメーカーFinla…

soholm1

オンラインショップのみで数量限定販売! 雑誌『Mart』とのコラボで SOHOLM CAFE(スーホルムカフェ)バッグにスペシャルカラーが登場

街の木もすっかり緑が濃くなって、どこかに出かけたくなるこのシーズン。 つい新しいバッグが欲…

yachounokai7

大人気!”日本野鳥の会”の長靴

5月も後半に入り、日本各地では南から徐々に梅雨入りしていく季節となりましたね。 しとしとと…

desktop

PAGE TOP ↑