【不朽の名作北欧食器シリーズ】Mon Amie(モナミ)

公開日: : 食器

monamie1

北欧、スウェーデンの王室御用達の窯として創業したRorstrand(ロールストランド)社。
同社を代表する名作にMon Amie(モナミ)という名前の食器があります。

白地にブルーのお花模様がとても爽やかな印象のMon Amie(モナミ)。
「Mon Amie」とはフランス語で「友人、恋人」という意味だそう。
眺めているだけで穏やかな幸せ感に包まれる、そんな食器達ですね。

Mon Amie(モナミ)は1950年代にMarianne Westman(マリアンヌ・ウエストマン)によって発表され、当時絶大な人気に。

この食器達は1950年代~60年代のロールストランド社を代表するデザイナーのマリアンヌ・ウエストマンという女性デザイナーによって生み出されました。
Mon Amie(モナミ)の柄は夏の野に咲く花のスケッチを発展させたそうです。
当時は総合的なテーブルウェアのシリーズとして発売されましたが、最近になってマグカップやプレートを中心とした復刻版が発売されています。

monamie9

ヴィンテージのカップ&ソーサー。
カップ&ソーサーはヴィンテジーにしかないモデルです。
市場では¥10,000前後で販売されているようです。

Mon Amie(モナミ)復刻版はデザイナー本人によるリデザイン!

「復刻版」と聞くと、ヴィンテージ品に比べて味気ないように思われるかも知れませんが、Mon Amie(モナミ)の場合は、マリアンヌ・ウエストマン自らの手によって復刻されています。半世紀の時を経て、時代の変化などをふまえて新たに生まれ変わった復刻版なら納得ですよね。

monamie5

【復刻版】フラットプレート
直径:26cm 価格:¥4,400 ※本体価格

 

monamie8

【復刻版】ティーカップ
容量:500ml 価格:¥3,500 ※本体価格
たっぷりサイズが特徴的ですね。

 

monamie7

【復刻版】マグカップ(取っ手つき)
容量:340ml 価格:¥3,200 ※本体価格
とても使いやすい定番モデル

 

monamie6

【復刻版】マグカップ
容量:330ml 価格:¥3,200 ※本体価格
スラットした背の高いフォルムが特徴的なデザイン

<ヴィンテージと復刻版の刻印を比べてみると>
●ヴィンテージ
monamie11

●復刻版

monamie10

復刻版の方はデザイナー、Marianne Westman(マリアンヌ・ウエストマン)の名前が入っているんですね。
いずれにしても、底の刻印はかわいさそのままですね^^

 

<Mon Amieのある食卓風景>

snap by instagram

monamie3

プレートとマグでモーニング。

 

monamie2

お揃いのカップとプレートで仲良くモーニング。

 

monamie4

白いテーブルにブルーの花模様がとても映えていますね。

単色のデザインでこれほど長く愛されているMon Amie(モナミ)はまさに名作中の名作。
シンプルで飽きがこない、というのも理由のひとつでしょうか。
ヴィンテージにしかないモデルを探しつつ、普段使いにぴったりな復刻版を是非手にしたいところです。

●デザイナー/Marianne Westman(マリアンヌ・ウエストマン)

monamie12

1928年スウェーデン生まれ。ストックホルムで陶芸を学び1950~1971年までロールストランドでテーブルウェアのデザイナーを務める。代表作にMon Amie、Picknick、Annikaシリーズなど。可愛らしい手描きのイラストをプリントして、ハンドペイントで色をつける手法を好む。数々の受賞歴があり、「スウェーデン陶磁器の母」とも呼ばれている。

 

desktop

関連記事

kastehelmi_2

iittala(イッタラ)のKastehelmi(カステヘルミ)で夏の食卓を涼しげに演出

器の表面に並んだ無数のキラキラした粒が美しいiittala(イッタラ)のKastehelmi…

paratiisi_eye

テーブルを華やかに彩るArabia(アラビア)の名作Paratiisi(パラティッシ)

豊かなタッチで描かれた、瑞々しい草花やフルーツ。 テーブルを華やかにしてくれるArabia…

unikko1

揃えたい!marimekko(マリメッコ)”ウニッコ”誕生50周年記念シリーズ

フィンランドを代表するブランド、marimekko(マリメッコ)社。 マリメッコと聞いて、…

turi_eye

70年代テイストのイラストが懐かしいTuri Gramstad Oliver(チューリ・グラムスタッド・オリヴァー)のテーブルウェア

北欧デザインの中でもノルウェーのプロダクトはあまり知られていませんよね。 ノルウェーのデザ…

iittala1

iittala(イッタラ)のマグカップで始める、美味しい一杯のある生活。

フィンランドを代表するリビングウェアカンパニー、iittala(イッタラ)。 1881年の…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

wasara4

MOOMIN(ムーミン)×WASARA(ワサラ)の紙の食器でピクニック!

WASARA(ワサラ)という紙製の食器をご存知でしょうか? 葦や竹、さとうきびの搾りかすで…

kodomonoutsuwa2

mina perhonen(ミナ ペルホネン)の”こどものうつわ”

日本発の北欧系ファッションブランドとして人気の高いmina perhonen(ミナ ペルホ…

2014-05-12 18.57

暮らしの道具と アートピースの融合 Timo Sarpaneva(ティモ・サルパネヴァ)の Bird Bottle(バードボトル)

ころんとしたフォルムにくちばしのような注ぎ口が愛らしいこのボトルは通称Bird Bottle(バ…

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

desktop

PAGE TOP ↑