HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

公開日: : インテリア雑貨, 雑貨

hay_3

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょうか?
輸入雑貨店で見かける外国製の鉛筆やノートなど、本国ではベーシックなアイテムであったとしても日本の文房具にはなかなかないデザインが魅力的ですよね。

デザイン性の高いステーショナリーとして、コンランショップhalutaなど高感度のインテリアショップで取り扱われているのがデンマークのブランド、HAY(ヘイ)。

 

●インテリア家具もとっても注目されているHAY(ヘイ)

hay_8

HAY(ヘイ)はRolf Hay(ロルフ・ヘイ)が2002年に設立したデンマークのインテリアプロダクトブランド。
1950年代、60年代のデンマーク家具デザインをリスペクトしつつ、現代風にアレンジしたデザイン活動を行っています。
デンマークのデザインは北欧デザインの中でもスタイリッシュなイメージがありますが、まさにHAY(ヘイ)はその流れを継承しているブランドと言えそう。

 

●インテリア家具とコーディネート出来るステーショナリー

hay_9

HAY(ヘイ)の面白いところは、テーブルやチェアといった家具と同じように、文房具までスタイリッシュなデザインを落とし込んでいるところ。
機能性とデザインのバランスがとっても絶妙なんです◎

HAYのスタイリッシュなステーショナリーをいくつかご紹介。

hay_6

ビーチの木材で作られた定規たち。
しましまの模様が目盛りも兼ねたアイデアあふれるデザイン。
無垢な木に明るいトーンのカラーリングが映えてますよね。
各¥1,188(税込)

 

hay_5

こちらはブロックメモ。
高さが15cmあるものもあります。
デスクの定番、ブロックメモもここまで高さがあると圧巻です。一体何枚あるのでしょうか。。。
サイドが美しいグラデーションに色付けされているのも特徴的です。

 

hay_1

こちらもグラデーションがきれいなペーパーファイル。
蛇腹式のポケットが日本の扇子のようですね。A4以外のサイズ展開もあります。
A4サイズ/¥4,536(税込み)

 

hay_4

ノートもあります。
カバーと綴じ紐の配色センスが抜群!
素朴さとスタイリッシュなデザインのバランスが良いですよね〜
¥1,000未満の価格設定も嬉しいです^^

 

hay_2

テープカッターもこんなにシンプル&スタイリッシュに。
木製なので素朴な優しさがありますね。

 

hay_7

デスク上の家具とも言える、書類トレイ。
これなら置いておいても気分よく仕事ができそう。

ここでは紹介しきれない程、多くのプロダクトをリリースしているHAY(ヘイ)の文房具たち。
本国のホームページでたくさんのコレクションを見る事ができます。
画像を眺めているだけでもワクワクできますよ。
HAY公式サイト(英語) http://www.hay.dk/

 

●HAY(ヘイ)の期間限定ポップアップショップが東京・代官山にオープン!

hay_11

6日間だけの開催ですが、HAY(ヘイ)の世界観が堪能できるポップアップショップが東京・代官山にある「T-SITE GARDEN」 内のギャラリースペースにオープンするそうです!

ステーショナリーを始め、様々なプロダクトを一同に見られるチャンス!
手頃なアイテムも多いので是非足を運びたいですね。

 

hay_10

しかもお買い物をすると先着で非売品のオリジナルトートバッグに入れてくれるそうです!
これは欲しい。。。
なくなり次第終了とのことなので、お早めに^^

HAY Mini Market + 2014 NEW COLLECTION
at DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY

2014年10月29日(水)-11月3日(月・祝)11:00-20:00 
(初日は13:00-18:00|最終日は11:00-17:00)

desktop

関連記事

tangent1

北欧系インテリアにベストマッチ tangent(タンジェント)社の Bluetoothステレオスピーカー、 Classic(クラシック)

オーディオ機器のチョイスはインテリアが好きな人にとってなかなか難しいもの。 北欧系のインテリア…

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

moomin_calender_1

大人も楽しめる、ムーミンアドベントカレンダー2014

今年も残すところあと3ヶ月。 12月の一大イベントといえば、クリスマス。 子供達にとって…

lisalarson_exhi4

今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 日本国内でも北欧…

hobonichi_5

「ほぼ日手帳2015」mina perhonen(ミナペルホネン)カバーをチェック!

コピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳、「…

poodle1

雑誌「SPUR」とコラボ!Lisa Larson(リサ・ラーソン)の限定プードル

集英社が発行する女性ファッション誌「SPUR(シュプール)」が北欧スウェーデンを代表するLi…

kaba

MK Tresmer(エムケートレスマー)社がつくる、カバの貯金箱

以前も紹介したフィンランドのメーカー、MK Tresmer(エムケー トレスマー)社が製造す…

moomin_mook_12

書店で気軽に購入!MOOMIN(ムーミン)のMOOK本

書店に立ち寄ると目に入ってくるたくさんのブランドムック本。 オリジナルの豪華な付録がついて…

wardrobe1

オブジェとしても絵になる花瓶。Lisa Larson(リサ・ラーソン)のワードローブシリーズ。

北欧・スウェーデンの人気作家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 動物をモチーフに…

mobile14

北欧デンマークのインテリアアイテム、FLENSTED mobiles(フレンステッド社)のモビール達。

「モビール」という言葉を聞いて、なつかしさを感じる人は多いのではないでしょうか? 紙やプラ…

desktop

desktop

PAGE TOP ↑