大人も楽しめる、ムーミンアドベントカレンダー2014

公開日: : ギフト, 玩具, 雑貨

moomin_calender_3

今年も残すところあと3ヶ月。
12月の一大イベントといえば、クリスマス。
子供達にとってクリスマスはとっても待ち遠しいものですよね。

そんな、待ち遠しいクリスマスまでの日数を数えるための昔からの定番アイテムが「アドベントカレンダー(Advent calendar)」。
12月1日から24日のクリスマスまで、毎日ひとつずつ窓を開けていくとお菓子や小さなプレゼントなどが入っていて、楽しみながらクリスマスを迎えることが出来るものです。
ちなみに北欧の国々では「ユール・カレンダー」と呼ばれているそうです。

 

【毎年大人気のムーミンアドベントカレンダー】

moomin_calender_2

( snap by instagram)
みんな大好き!MOOMIN(ムーミン)のアドベントカレンダーは大人気。
ムーミンのグッズなどを販売している、フィンランドのマルチネックス社が毎年リリースしているもので、24体の小さなムーミンフィギュアが入っているんです。

ボックスのミシン目からピリピリと窓を開けると、毎日1体ムーミンのフィギュアが現れる・・・。
今日はどのキャラクターが入っているのかは開けてからのお楽しみ。
ムーミンファンにとっては明日が待ち遠しくてたまらないアイテムですよね^^

画像は2013年のムーミンアドベントカレンダー。
お馴染みのキャラクターはもちろん、最後には大きな船が登場。

 

【2014年版は映画にちなんだアドベントカレンダー】

moomin_calender_3

今年のムーミンアドベントカレンダーは以前ご紹介した、来年日本でも公開される長編アニメーション映画『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』をモチーフにしているそう。

moomin_calender_1

クリスマスですが、映画に出てくるバカンス姿のキャラクターのフィギュアもいますね^^

24体揃うと結構なボリュームでとっても賑やか。
棚などに並べてインテリアとしても良いですね。
子供たちはもちろん、大人も十分楽しめるのではないでしょうか?

ネットショップ等ではすでに予約が始まっているようです。
価格は¥4,860(税込)
1体あたり¥200ほどと考えると結構リーズナブルですよね^^

 

※画像は北欧雑貨さんのページからお借りしました。

●北欧雑貨さんでの購入ページはこちら

desktop

関連記事

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

ph3

フィンランド発!組み立てるとムーミンに。ハイセンスなグリーティングカードLovi(ロヴィ)

センスが良くて、贈った相手に喜ばれるグリーティングカードってなかなかないですよね。素…

LISA Larson おさけとり

リサ・ラーソンで日本酒を。 徳利とお猪口「おさけとり」

Lisa Larson(リサ・ラーソン)のジャパンシリーズが発売となりましたが、 個人的に…

hobonichi_5

「ほぼ日手帳2015」mina perhonen(ミナペルホネン)カバーをチェック!

コピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳、「…

ph3-eye

Stelton(ステルトン)のCLASSICバキュームジャグとお弁当を持ってピクニックに行こう!

  いよいよ暖かくなって春本番。天気がいい日にはお弁当を持って公園へピクニッ…

LEGO13

近代建築ファンが喜ぶ、LEGO®Architecture(レゴ®アーキテクチャー)シリーズ。

インテリアショップを巡っていて、雑誌などで見かける有名な建築物のミニチュアに出会ったことはあ…

fazer5

フィンランドの老舗お菓子メーカー、Fazer(ファッツェル)のパッケージに胸キュン

フィンランド最大のお菓子メーカー、Fazer(ファッツェル)社。 すでに100年以上の歴史…

olle_14

可愛らしく、ユーモアに溢れたOlle Eksell(オーレ・エクセル)の作品たち。

スウェーデンを代表する、ミッドセンチュリーの巨匠グラフィックデザイナー、Olle Eksel…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

lisa_bear_icon

猫の”マイキー”がBE@RBRICKに!リサ・ラーソンとメディコムトイのコラボグッズ。

この目つき、このしましま模様。。 北欧系が好きな方には「ピン」と来るのではないでしょうか?…

desktop

PAGE TOP ↑