やさしい素材で感性を育む、marimekko(マリメッコ)の木のおもちゃ

公開日: : 最終更新日:2014/04/06 インテリア雑貨, ブランド, 玩具

raitti2

フィンランドを代表するライフスタイルブランド、marimekko(マリメッコ)から発売されている、キッズトイシリーズ。
ちょっぴり大人顔で、インテリアにもなりそうなので気になっています。

農場をモチーフにした、動物や木などの無機質なイラストを色鮮やかに描いた「Raitti(ライッティ)」というパターンを使用し、手触りの良いウッドでできています。

ちなみにこのパターンのデザイナー、Aino-Maija Metsola(アイノーマイヤ・メッツォラ)は1983年生まれの若手女性デザイナー。自然を愛する彼女ならではの世界観が注目されている一人だそう。

< Raitti(ライッティ)」のキッズトイシリーズを見てみましょう! >

■スタッキングボックス
raitti3

大きさの違う木製ボックスが7つセットになったスタッキングボックス。
積み木のように積み上げて遊んだり、大きさの順番を遊びながら学ぶことができる知育玩具です。
自由に重ねて、棚などにディスプレイしても良さそうですよね。
ちょっとした小物を収納したり、実用的な使い方もできそうです。

■ブロック
raitti5

木製のブロックが19ピースと収納ボックスがセットになったブロック。

raitti4

テーブルの上で、自分だけの小さな農場をイメージしながらブロックを置いて楽しめるおもちゃです。
子供の頃は、こうゆう玩具が大好きで飽きることなくいつまでも遊んでいた方も多いのではないでしょうか。

■パズル

raitti7

動物達が型抜きされた木製のパズル。

raitti6

紙製と違ってしっかりしているので、何度も繰り返し遊べるのも良いですね。
子供たちはこのパズルで遊ぶうちに、色や形の認識を身につけていくのでしょうね。

価格帯はスタッキングボックス、ブロックが¥10,000ほど。パズルは¥4,000ほどです。
marimekko(マリメッコ)を取り扱っているネットショップ等でも購入できます。

デザイン性が優れているので、ギフトで贈っても喜ばれそうですよね!

 

desktop

関連記事

LEGO13

近代建築ファンが喜ぶ、LEGO®Architecture(レゴ®アーキテクチャー)シリーズ。

インテリアショップを巡っていて、雑誌などで見かける有名な建築物のミニチュアに出会ったことはあ…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

a.6

大橋歩さんが提案する「50代からの大人の洋服」、a.(エードット)

イラストレーター、デザイナー、エッセイストとして幅広い分野で活躍している大橋歩さん。 かつ…

ilse_2

スタイリッシュな北欧発のレインウェア、ILSE JACOBSEN HORNBÆK(イルセ・ヤコブセン ホーンバック)。

デンマーク生まれのレインブーツ&レインウェアブランド、ILSE JACOBSEN HORNB…

aaltovase_icon

自分にぴったりな使い方を考えたい 世界で最も有名な花瓶 iittalaのAalto Vase(アアルトベース)

「世界で最も有名な花瓶」とも「20世紀を代表するデザイン」とも称されるiittalaのAal…

kloppan5

スウェーデンのテキスタイルブランド、KLIPPAN(クリッパン)×mina perhonen(ミナ ペルホネン)新作ブランケット登場!

北欧スウェーデンの老舗テキスタイルブランド、KLIPPAN(クリッパン)と我らが日本を代表す…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

ladybearreppu2

4.25 Fri. 発売!marimekko(マリメッコ)の日本限定復刻LADYBEAR REPPU

フィンランドの大人気ブランド、marimekko(マリメッコ)から嬉しいニュースが届いていま…

aseedoncloud14

気になるファッションブランド、ASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)

先日、雑誌「リンネル」をパラパラとめくっていたら、一枚のワンピースに目を奪われました。 淡…

kaba

MK Tresmer(エムケートレスマー)社がつくる、カバの貯金箱

以前も紹介したフィンランドのメーカー、MK Tresmer(エムケー トレスマー)社が製造す…

desktop

desktop

PAGE TOP ↑