自分にぴったりな使い方を考えたい 世界で最も有名な花瓶 iittalaのAalto Vase(アアルトベース)

公開日: : インテリア雑貨

ph1

「世界で最も有名な花瓶」とも「20世紀を代表するデザイン」とも称されるiittalaのAalto Vase(アアルト・ベース)。

ph2

デザイナーであるAlvar Aalto(アルヴァ・アアルト)については、以前、このサイトでも取り上げました。
特徴的なデザインのモチーフはエスキモーのズボンとも、白樺の切り株のウロとも、フィンランドに無数にある湖とも言われます。こういった説はアアルトベース誕生の以下のような経緯によるもののようです。

デザインのモチーフはなに?
それぞれの説の根拠は・・・

ph3

■エスキモーのズボン説

アアルトベースの元になったのは1936年にiittalaが行ったデザインコンペに出品されたオブジェで、それがEskimoerinden Skinnbuxa (エスキモー女性の革のズボン)と呼ばれていたそうです。これを改良したものがアアルトベースの元型で、翌1937年のパリ万博でフィンランド館に展示されました。当時、ちょうどアアルトが内装を担当していたヘルシンキのレストラン、Ravintola Savoy(ラヴィントラ・サヴォイ)でも採用されたため、Savoy Vase(サヴォイベース)とも呼ばれます。サヴォイは現在でもヘルシンキ市民憧れの高級レストランで、アアルトの内装もそのままにアアルトベースももちろん使用されています。

■切り株説

当初、アアルトベースは木の切株に穿った型にマウスブロー(手吹き)して作られました。切り株説はこれが元になったのではないでしょうか。

 

■湖説

人口より湖が多いと言われるフィンランドであれば当然かもしれませんが、アアルトの父が地図の測量技師だったために地形からヒントを得たのではという推測も加わっているのかもしれません。

 

ph4

初期にはこういった切株の型が使われていました。

 

自分なりに工夫して
暮らしにアアルトベースを取り入れる

モチーフがなんであれ、その美しさは誰もが認めるところとなり、MoMAのパーマネントコレクションにもなりました。様々なサイズやカラーが商品化され、また後進のデザイナーがそのデザインを取り入れることで、現在では多くのバリエーション、アイテムがラインナップされています。
花を生けるだけでなく、自分なりの使い方を考えている人も多いようです。
アイスバケツとして使ったり、魚の水槽にしたり。小さめのサイズのものをペン立てにしている人も。

ph5

ph6

ph7

グラスにしている人も多いようですね。

ヘルシンキにあるSokos Torni Hotel、最上階のバーAtelier Barには、その名も「Aalto」というカクテルがあります。アアルトベースに入ったカクテルで、飲んだあとはアアルトベースをお持ち帰りできます。芸が細かいのは氷もアアルトベースの形だということ! これはアアルト生誕70周年を記念して販売されたアアルトアイスキューブモールドを使って作られたもの。

ph8

ph9

アアルトベース型の氷が作れるアイスキューブモールド。

 

生誕70周年には、クッキー型やポットガード、サーヴィングプラッターなど、アアルトベースをあしらったアイテムがたくさん発表されました。
自分なりに工夫して「20世紀を代表するデザイン」を暮らしの中に取り入れてみたいですね。

ph10

クッキーモールド。

 

ph11

ポットガード。お鍋と蓋の間に挟んで蒸気を逃すためのもの。箸置きとして使っても素敵かも。

 

ph12

サーヴィングプラッター。

 

desktop

関連記事

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

susanliebe6

Susan Liebe(スーザン・リーベ)のやさしくてガーリーな、セラミックのアイテム達。

翼を広げ、空を飛んでいる姿が美しい、とてもロマンティックな陶磁器でできたツバメのオブジェ、見…

raitti2

やさしい素材で感性を育む、marimekko(マリメッコ)の木のおもちゃ

フィンランドを代表するライフスタイルブランド、marimekko(マリメッコ)から発売されて…

versodesign_5

北欧の伝統的な工芸品、”白樺のかご”のある風景

北欧系の暮らしに、さりげなくポイントとなるアイテム「白樺のかご」。 白樺は北欧を代表する樹…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

kay_bojensen_4

素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。 デンマークのクラフトデザイナー、Ka…

blocklamp5

北欧デザイン照明の逸品、Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)のBlock Lamp(ブロックランプ)

    分厚いガラスの中に、ありのままの姿の電球が収められて…

poodle1

雑誌「SPUR」とコラボ!Lisa Larson(リサ・ラーソン)の限定プードル

集英社が発行する女性ファッション誌「SPUR(シュプール)」が北欧スウェーデンを代表するLi…

lisalarson_exhi4

今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 日本国内でも北欧…

wardrobe1

オブジェとしても絵になる花瓶。Lisa Larson(リサ・ラーソン)のワードローブシリーズ。

北欧・スウェーデンの人気作家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 動物をモチーフに…

desktop

PAGE TOP ↑