今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 イベント, インテリア, インテリア雑貨

lisalarson_exhi4

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。
日本国内でも北欧好きのアイコンとして不動の人気ですよね。
コロンとした丸みのある独特のフォルムと、なんとも言えない愛らしい表情をした動物の置物や、ネコのマイキーなど数多くの作品が商品かされています。

物販されているものを見る機会が多いイメージのリサ・ラーソンですが、この秋、展覧会が開催されるようです。

9月の東京・松屋銀座での開催を皮切りに、全国の複数会場を巡回するとのこと。
リサ・ラーソンの展覧会は珍しいので、まさに「ファン待望」のイベントになるのではないでしょうか?

【リサ・ラーソン展】
開催期間:2014年9月11日(木)〜9月23日(祝・火)
場所:松屋銀座8Fイベントスクエア
※現時点での情報です。
さらに詳しく知りたい方は随時、松屋銀座のホームページをご覧ください。

この展覧会は、美術展の企画を主に行っているArt Impressionが企画を行っていて、リサ・ラーソン本人の協力のもと、初期から近年までのユニークピースとプロダクト作品、あわせて約230点も展示されるそうです。

なかなか、一同にこれだけの作品を見る機会はありません。
今から開催が待ち遠しいですね^^

lisalarson_exhi2

昨年発売された、全世界500個限定のハリネズミの置物「HARRY(ハリー)」
こちらはリデザインされたものですが、今回の展覧会は初期モデルも展示されるそう。

lisalarson_exhi3

年代を感じさせるような、なかなか渋いルックスだったんですね。
もともとは、WWF(世界自然保護基金)の為にデザインされた絶滅動物シリーズの一つだったそう。

現行のリサ・ラーソン作品とはひと味違った、ヴィンテージ作品を見れるのも楽しみのひとつです。

lisalarson_exhi

4月に、同じ松屋銀座で開催されたムーミン展でもマイキーの形をしたお知らせハガキがあったので、すでに心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?

この秋大注目のイベントになりそうですね◎

●Lisa Larson/リサ・ラーソン

hashioki7

1931年、スウェーデンのヘルルンダ生まれ。
1954年にスウェーデン最大の陶芸制作会社、グスタフスベリ社にアートディレークターを務めていたスティグ・リンドベリに見込まれ入社。
動物のフィギュアや自然をモチーフにした陶器が有名。

 

desktop

関連記事

poodle1

雑誌「SPUR」とコラボ!Lisa Larson(リサ・ラーソン)の限定プードル

集英社が発行する女性ファッション誌「SPUR(シュプール)」が北欧スウェーデンを代表するLi…

ychair13

生誕100周年を迎えた巨匠 Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)の代表作 Yチェアはなぜ世界中で愛されているのか?

text : 宇田川しい 生涯で500脚以上のチェアをデザインしたデンマーク家具の巨匠…

katorisenkou_5

北欧・フィンランドの蚊取り線香入れ。

9月に入り、季節も気分もすっかり秋モードですね。 そんな中、世間を騒がせているデング熱の感…

kay_bojensen_4

素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。 デンマークのクラフトデザイナー、Ka…

versodesign_5

北欧の伝統的な工芸品、”白樺のかご”のある風景

北欧系の暮らしに、さりげなくポイントとなるアイテム「白樺のかご」。 白樺は北欧を代表する樹…

susanliebe6

Susan Liebe(スーザン・リーベ)のやさしくてガーリーな、セラミックのアイテム達。

翼を広げ、空を飛んでいる姿が美しい、とてもロマンティックな陶磁器でできたツバメのオブジェ、見…

leklint_8

手折りされたペーパーが織りなす優しい光。LE KLINT(レ・クリント)社のライト

プラスチックペーパーを複雑に折り上げたLE KLINT(レ・クリント)社の美しいペンダントラ…

スワンチェア1

アルネ・ヤコブセン/スワンチェアのある風景

1958年に発表された、スワンチェア。 デンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンによるこ…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

hay_3

HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょう…

desktop

PAGE TOP ↑