今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 イベント, インテリア, インテリア雑貨

lisalarson_exhi4

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。
日本国内でも北欧好きのアイコンとして不動の人気ですよね。
コロンとした丸みのある独特のフォルムと、なんとも言えない愛らしい表情をした動物の置物や、ネコのマイキーなど数多くの作品が商品かされています。

物販されているものを見る機会が多いイメージのリサ・ラーソンですが、この秋、展覧会が開催されるようです。

9月の東京・松屋銀座での開催を皮切りに、全国の複数会場を巡回するとのこと。
リサ・ラーソンの展覧会は珍しいので、まさに「ファン待望」のイベントになるのではないでしょうか?

【リサ・ラーソン展】
開催期間:2014年9月11日(木)〜9月23日(祝・火)
場所:松屋銀座8Fイベントスクエア
※現時点での情報です。
さらに詳しく知りたい方は随時、松屋銀座のホームページをご覧ください。

この展覧会は、美術展の企画を主に行っているArt Impressionが企画を行っていて、リサ・ラーソン本人の協力のもと、初期から近年までのユニークピースとプロダクト作品、あわせて約230点も展示されるそうです。

なかなか、一同にこれだけの作品を見る機会はありません。
今から開催が待ち遠しいですね^^

lisalarson_exhi2

昨年発売された、全世界500個限定のハリネズミの置物「HARRY(ハリー)」
こちらはリデザインされたものですが、今回の展覧会は初期モデルも展示されるそう。

lisalarson_exhi3

年代を感じさせるような、なかなか渋いルックスだったんですね。
もともとは、WWF(世界自然保護基金)の為にデザインされた絶滅動物シリーズの一つだったそう。

現行のリサ・ラーソン作品とはひと味違った、ヴィンテージ作品を見れるのも楽しみのひとつです。

lisalarson_exhi

4月に、同じ松屋銀座で開催されたムーミン展でもマイキーの形をしたお知らせハガキがあったので、すでに心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?

この秋大注目のイベントになりそうですね◎

●Lisa Larson/リサ・ラーソン

hashioki7

1931年、スウェーデンのヘルルンダ生まれ。
1954年にスウェーデン最大の陶芸制作会社、グスタフスベリ社にアートディレークターを務めていたスティグ・リンドベリに見込まれ入社。
動物のフィギュアや自然をモチーフにした陶器が有名。

 

desktop

関連記事

ph2

ついコレクションしたくなる!幸運をもたらすスウェーデンの馬 ダーラナホース

なんとも素朴で愛らしいスウェーデンの伝統工芸品「ダーラナホース」。スウェーデン語ではDala…

raitti2

やさしい素材で感性を育む、marimekko(マリメッコ)の木のおもちゃ

フィンランドを代表するライフスタイルブランド、marimekko(マリメッコ)から発売されて…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

kasaten7

「持ち歩くテキスタイル」鈴木マサルさんの傘展開催決定!

テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏。 北欧系が好きな人にとっては、彼の名前を目にする機会…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

hokuoichi_title

5.17(土)&18(日)東京蚤の市で開催!「東京北欧市」

手紙社が主催する東京蚤の市。 今年で3年目を迎える、とても規模の大きなイベントです。 家…

hashioki2

Lisa Larson(リサ・ラーソン)、マイキー箸置きが第二弾まで発売中。

言わずと知れた、北欧スウェーデンを代表するブランド、Lisa Larson(リサ・ラーソン)…

mktresmer1

実用性を兼ねたインテリア。フィンランドの貯金箱

子供の頃から馴染みの深いアイテム、貯金箱。 お小遣いをコツコツと貯めた記憶がある方も多いの…

hay_3

HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょう…

desktop

PAGE TOP ↑