手折りされたペーパーが織りなす優しい光。LE KLINT(レ・クリント)社のライト

公開日: : 最終更新日:2014/06/07 インテリア, 家具

leklint_8

プラスチックペーパーを複雑に折り上げたLE KLINT(レ・クリント)社の美しいペンダントライト。
こちらの「172」はインテリアショップなどでも大きな存在感を発揮しているので印象に残っている方も多いのでは。

leklint_10

とても複雑な構造に見えますが、職人さんがプラスチックペーパーを手仕事で折って作られているんです。
レ・クリント社の基礎は20世紀のはじめデンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントによって築かれました。
クリントはオイルランプの眩しさを和らげるために羊皮紙を規則的に折り上げたランプシェードを生み出したのです。

 

leklint_7

こちらがレ・クリントの原点となったランプシェード。
その後、このランプシェードはクリント家の人々によって趣味の延長として作られていましたが、美しく機能的であることから評判となり、1943年、イエンセンの息子であるコーア・クリントらによってレ・クリント社が設立されました。
コーア・クリントと言えば、「リ・デザイン」の思想を提唱しヤコブセンや、ウェグナーに多大な影響を与えたデンマークデザインの父とされる人物。
つまりレ・クリント社はデンマークデザインの父の父によって作られたんですね^^

leklint_6

こちらは、「130」。イエンセンが作ったオイルランプのシェードを元に、息子の1人であるTage Klint(ターエ・クリント)がデザインしました。

leklint_5

そして、こちらがコーア・クリントによって1944年にデザインされた「101」。通称「フルーツランプ」。

 

leklint_4

1967年、Poul Christiansen(ポール・クリスチャンセン)によって「167」がデザインされます。
それまでの直線的な折りから、曲線を多様するようになった最初のモデル。
そしてクリスチャンセンは1972年にレ・クリントのアイコンともなった172を生み出したんです。
その後も数々の名作を世に出して来たレ・クリント社は2003年にはデンマーク王室御用達にも選定されるなど北欧を代表する企業に成長しました。
しかし、今も、クリント家の人々がささやかに手作りしていた頃のハンドクラフトの伝統は受け継がれているのです。

 

スタイリッシュで斬新なデザインとハンドクラフトの精神が共存

そんな素敵なレ・クリントのあるスナップを見てみましょう。
(snap by instagram)

leklint_1

まるで豪華なドレスのようなプリーツの172があるだけで空間が一気に華やかになります。

leklint_11

とても個性的な造形の172ですが、意外にも、どんな部屋にも合わせやすいんですよね。
ミッドセンチュリーの家具や、パントン、アールニオなどのスペーシーなデザインともマッチしますが、こんなナチュラルな部屋にも似合います。
柔らかな曲線が持つ優しい表情が活かされるんですね。

leklint_3

こちらは2013年にオイヴィント・スロットによってデザインされた新たなシリーズ「Swirl(スウォール)」の1つ「Swirl 2」。
スウォール(渦)という名前の通り、螺旋を描いたスタイリッシュなデザイン。

 

leklint_9

アマンダ・ヘッツのデザインによる「CASSIOPEIA(カシオペア)」。
複雑に平面が組み合わせられた表面に小さな穴が開けられています。
まるで巨大なスペースシップのようですね。

leklint_2

みんなが大好きなムーミンともコラボしていますよ!
伝統を守りながらも、新しいことに挑戦していくレ・クリントの姿勢がよく分かりますね。

レ・クリントの照明は価格帯が¥40,000前後〜。
インテリアショップ等で広く取扱われているので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね^^

 

desktop

関連記事

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

lisalarson_exhi4

今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 日本国内でも北欧…

ph1

72枚の羽が生み出す北欧の柔らかな明かり-PHアーティチョーク-

text : 宇田川しい 名作と言われる照明は数多くありますが、ポール・ヘニングセンの…

wall3

注目度急上昇!Moomin(ムーミン)のウォールステッカー。

壁やガラス面に貼って気軽にインテリアを楽しめるアイテム、ウォールステッカー。 最近は賃貸住…

blocklamp5

北欧デザイン照明の逸品、Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)のBlock Lamp(ブロックランプ)

    分厚いガラスの中に、ありのままの姿の電球が収められて…

perican1

「孤高の天才」Finn Juhl(フィン・ユール)のペリカンチェア。

背もたれから左右に張り出した翼のようなアームが印象的なペリカンチェア。 まるで湖に降り…

stool60_2

-フィンランドの森が育んだ温もりのあるデザイン- Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のスツール60

text : 宇田川しい   カーブのついた脚が特徴的な白木の可愛いスツール。…

designletters8

アルネ・ヤコブセンの美しい文字を使ったテーブルウェア

世界的に名高いデンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンがデザインしたフォントを使ったテーブルウ…

kay_bojensen_4

素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。 デンマークのクラフトデザイナー、Ka…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

desktop

PAGE TOP ↑