アルネ・ヤコブセン/スワンチェアのある風景

公開日: : 最終更新日:2014/04/06 インテリア, 家具

スワンチェア1

1958年に発表された、スワンチェア。
デンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンによるこの椅子は北欧デザインの中でもとびきり有名な名作ですよね。

もともとはコペンハーゲンに建てられた世界で初めてと言われるデザインホテル「ラディソンSASロイヤルホテル」のロビー向けにデザインされたものだそう。(ちなみにホテルそのものや、内装に至るまで全部のデザインをヤコブセンが手掛けたとのこと。)

白鳥が翼を広げようとしている姿を想像させる、独特の曲線フォルムは当時の製造技術では難しく、革新的なチェアだったそうです。

誕生して半世紀以上たった今でも、フリッツ・ハンセン社で職人の目と手で厳しくチェックを受けながら生産されています。

北欧デザイン好きのみならず、世界中の人々に愛されている「スワンチェア」。

<アルネ・ヤコブセンのスワンチェアがある風景>

そんな愛しきスワンチェアのある風景をスナップで集めてみました。
(引用:instagram)

スワンチェア2

窓際に間接照明とスワンチェア。
座ってコーヒーでも飲みながら読書したい感じですね。

スワンチェア3

フローリングにウッド調の家具と。
レザーのスワンチェアがアクセントになっています。お洒落!

スワンチェア4

ペットのウサギが座っています。
包まれているようなフォルムは動物にとっても居心地が良いんですね^^

スワンチェア5

ご自宅のようですが、4脚も!
豪華ですね〜。でも厭味じゃないのがスワンチェアのデザインの素晴らしいところ。

スワンチェア6

 

スワンチェア7

コペンハーゲンのラディソンSASロイヤルホテルのようです。
行ったら絶対写真撮りまくるだろうなー。

1脚あるだけで、部屋を北欧デザイナイズしてくれそうですよね。
もちろんスワンチェアをインテリアに迎え入れる人は、そもそもお洒落な感覚を持っていると思うので、部屋全体が素敵なんだろうけど。。

豊富な種類のファブリックやレザーで、選ぶのも相当迷いそうですが、
いつかは欲しいですね!

 

desktop

関連記事

dop_9

経年変化を楽しむ、mina perhonen(ミナ ペルホネン)の新素材を纏ったartekスツール60

北欧家具を始め、感度の高いプロダクトを取り扱うインテリアショップ、haluta(ハルタ)さん…

leklint_8

手折りされたペーパーが織りなす優しい光。LE KLINT(レ・クリント)社のライト

プラスチックペーパーを複雑に折り上げたLE KLINT(レ・クリント)社の美しいペンダントラ…

designletters8

アルネ・ヤコブセンの美しい文字を使ったテーブルウェア

世界的に名高いデンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンがデザインしたフォントを使ったテーブルウ…

riki3

渡辺力のRIKI STOOL(リキスツール)

六角柱のシンプルなフォルム、彩度を抑えたやさしいカラーリングで静かな存在感を放つ、段ボールで…

cushion8

まるでぬいぐるみのようなferm LIVIND(ファーム・リビング)のクッション達。

デンマークのデザイン会社、ferm LIVING(ファーム・リビング)。 以前も同社のウォ…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

marnichair2

ユニーク、かつ洗練されたデザイン!MARNI(マルニ)のチェアコレクション

2012年、国際的な家具の見本市であるミラノサローネにカラフルなPVC(ポリ塩化ビニール)の…

stool60_2

-フィンランドの森が育んだ温もりのあるデザイン- Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のスツール60

text : 宇田川しい   カーブのついた脚が特徴的な白木の可愛いスツール。…

blocklamp5

北欧デザイン照明の逸品、Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)のBlock Lamp(ブロックランプ)

    分厚いガラスの中に、ありのままの姿の電球が収められて…

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

desktop

PAGE TOP ↑