アルネ・ヤコブセン/スワンチェアのある風景

公開日: : 最終更新日:2014/04/06 インテリア, 家具

スワンチェア1

1958年に発表された、スワンチェア。
デンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンによるこの椅子は北欧デザインの中でもとびきり有名な名作ですよね。

もともとはコペンハーゲンに建てられた世界で初めてと言われるデザインホテル「ラディソンSASロイヤルホテル」のロビー向けにデザインされたものだそう。(ちなみにホテルそのものや、内装に至るまで全部のデザインをヤコブセンが手掛けたとのこと。)

白鳥が翼を広げようとしている姿を想像させる、独特の曲線フォルムは当時の製造技術では難しく、革新的なチェアだったそうです。

誕生して半世紀以上たった今でも、フリッツ・ハンセン社で職人の目と手で厳しくチェックを受けながら生産されています。

北欧デザイン好きのみならず、世界中の人々に愛されている「スワンチェア」。

<アルネ・ヤコブセンのスワンチェアがある風景>

そんな愛しきスワンチェアのある風景をスナップで集めてみました。
(引用:instagram)

スワンチェア2

窓際に間接照明とスワンチェア。
座ってコーヒーでも飲みながら読書したい感じですね。

スワンチェア3

フローリングにウッド調の家具と。
レザーのスワンチェアがアクセントになっています。お洒落!

スワンチェア4

ペットのウサギが座っています。
包まれているようなフォルムは動物にとっても居心地が良いんですね^^

スワンチェア5

ご自宅のようですが、4脚も!
豪華ですね〜。でも厭味じゃないのがスワンチェアのデザインの素晴らしいところ。

スワンチェア6

 

スワンチェア7

コペンハーゲンのラディソンSASロイヤルホテルのようです。
行ったら絶対写真撮りまくるだろうなー。

1脚あるだけで、部屋を北欧デザイナイズしてくれそうですよね。
もちろんスワンチェアをインテリアに迎え入れる人は、そもそもお洒落な感覚を持っていると思うので、部屋全体が素敵なんだろうけど。。

豊富な種類のファブリックやレザーで、選ぶのも相当迷いそうですが、
いつかは欲しいですね!

 

desktop

関連記事

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

leklint_8

手折りされたペーパーが織りなす優しい光。LE KLINT(レ・クリント)社のライト

プラスチックペーパーを複雑に折り上げたLE KLINT(レ・クリント)社の美しいペンダントラ…

cushion8

まるでぬいぐるみのようなferm LIVIND(ファーム・リビング)のクッション達。

デンマークのデザイン会社、ferm LIVING(ファーム・リビング)。 以前も同社のウォ…

kay_bojensen_4

素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。 デンマークのクラフトデザイナー、Ka…

dop_9

経年変化を楽しむ、mina perhonen(ミナ ペルホネン)の新素材を纏ったartekスツール60

北欧家具を始め、感度の高いプロダクトを取り扱うインテリアショップ、haluta(ハルタ)さん…

fermliving10

ferm LIVING(ファームリビング)のウォールステッカーで”手軽に”お部屋のカスタマイズ

ここ数年、ますます加熱するDIYブーム。 なかでもお部屋の印象をガラッと変える壁紙のカスタ…

mogensen_1

トーベ・ヤンソン、ウェグナー、そしてもう1人の生誕100周年。Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)

今年はトーベ・ヤンソンとハンス・J・ウェグナーの生誕100周年。それに関する企画やイベントに…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

ychair13

生誕100周年を迎えた巨匠 Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)の代表作 Yチェアはなぜ世界中で愛されているのか?

text : 宇田川しい 生涯で500脚以上のチェアをデザインしたデンマーク家具の巨匠…

ph3

レトロポップなAlmedahls(アルメダールス)のリネンで キッチンに北欧の風を

(all snap by instagram) ポップでどこか懐かしいデザインが人気の…

desktop

PAGE TOP ↑