素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

公開日: : インテリア, インテリア雑貨

kay_bojensen_13

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。
デンマークのクラフトデザイナー、Kay Bojesen(カイ・ボイスン)が1930年代から1950年代にかけてデザインしたもの。
どの子もそれぞれ可愛らしく、みんな我が家に迎えたくなりますよね^^

 

kay_bojensen_4

こちらのおさるさん、「The Monkey(モンキー)」は1951年に発表されました。
もともとは子供向け家具の見本市用にフックのデザインとして考えられたものなんだそうです。
フックに手が届かない子供が低い位置で帽子やコートを掛けるための中継用。
今はあくまで玩具として販売されているので、そういった使い方はおすすめできませんが、いろんな所に引っ掛けて楽しむことが出来ます。

 

kay_bojensen_9

(snap by instagram)
こんな感じ!
首、肩、股関節、手首、足首、と9か所が360°動くので、かなり自由なポーズが取れます。
こちらはSサイズで24,300円(税込)。

 

kay_bojensen_3

左に写っているのはLサイズ。
本物の猿くらいの大きさ。迫力あります!
お値段も280,800円(税込)と迫力なんですが……でも、一生、一緒に過ごせるコンパニオンアニマルと考えれば納得かも。

 

kay_bojensen_11

1957年に発表された「Rabbit(ラビット)」。
動物好きだったカイ・ボイスンは、よく奥さんとともに動物園に散歩にでかけていたそうです。
このラビットは動物園で見たウサギに触発されて生まれたデザインだとか。17,280円(税込)。

 

kay_bojensen_7

こちらの「The Dog(ドッグ)」はオリジナルが1934年の発表という古いもの。
カイ・ボイスンの友人が可愛がっていたダックスフンドがモデル。18,360円(税込)。

 

kay_bojensen_10

1952年発表の「The Bear(ベアー)。20,520円(税抜)。
手のひらサイズのこの熊さんは、かわいすぎます♡
カイ・ボイスンは「動物玩具は本物の動物とそっくり同じではダメ」と言っていたそうです。

 

kay_bojensen_8

「The Elephant(エレファント)」は1953年の発表。
丸みのあるパーツを組み合わせた、ぽってりしたフォルムがなんとも愛らしいですね。34,560円(税込)。

 

kay_bojensen_6

1955年に発表された「The Hippo(ヒッポ)」。18,360円(税込)。
なぜ、鉛筆を噛んでいるかというと、もともと電話の側に置くためのペンホルダーとしてデザインされたからなんです。
一応、玩具ではなくステーショナリーなんですが、ペンを挟むだけという単機能ぶりがのんびりしていてほほえましいですよね。

 

アルバムに隠されていた幻のデザインを製品化!

これらの動物たちはもともとデンマークの有名デザインカンパニーRosendahl Copenhagen(ローゼンダール・コペンハーゲン)社が復刻し生産してきました。
2011年からは「KAY BOJESEN DENMARK(カイ・ボイスン デンマーク)」としてローゼンダール傘下の新たなブランドとして独立しています。
そして2012年、“幻の小鳥”と言われたアイテムがラインナップに登場します。

kay_bojesen_1

こちらの「Song Bird(ソングバード)」がそれ。
1950年代にカイ・ボイスンが描き、アルバムに挟んだままになっていたデザイン画を遺族が発見し、製品化したものなんです。
このカラフルな小鳥たちにはそれぞれ名前があります。

 

kay_bojensen_5

手前の緑色のくちばしが「Sunshine(サンシャイン)」。カイ・ボイスンによるオリジナルのカラーリングを再現したもの。

 

kay_bojsensen_12

こちらの「Pop(ポップ)」はカイ・ボイスンのあだ名なんだそです。
なんでも彼はお酒を飲まずソーダばかり飲んでいたので「ソーダ・ポップ」と呼ばれていたのだとか!
これ以外の鳥たちにも「Kay(カイ)」をはじめ、孫や義理の娘といったカイ・ボイスンの家族の名前が付けられています。

ずっと見つめていたくなるような愛嬌のある表情と、ポップなカラーリングが嬉しいですよね。
しかも価格が9,720円(税込)とお手頃!

インテリアショップACTUSのオンラインショップでも販売されています。
カイ・ボイスンの動物をはじめて家族に迎え入れるなら、このソングバードがぴったりじゃないでしょうか。

●Kay Bojesen/カイ・ボイスン 1886ー1958

kay_bojensen_2

もともと銀細工師としてキャリアをスタート。Georg Jensen (ジョージ・ジェンセン) で働いた後、1910年に独立。
仲間とともに優れたデンマークデザインを扱うセレクトショップ「Den Parmanente」を設立。
1930年代から木工の魅力に目覚め、動物玩具をデザインするようになる。
銀細工師としてのキャリアを活かし、カトラリーの名作も残している。

desktop

関連記事

blocklamp5

北欧デザイン照明の逸品、Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)のBlock Lamp(ブロックランプ)

    分厚いガラスの中に、ありのままの姿の電球が収められて…

versodesign_5

北欧の伝統的な工芸品、”白樺のかご”のある風景

北欧系の暮らしに、さりげなくポイントとなるアイテム「白樺のかご」。 白樺は北欧を代表する樹…

tangent1

北欧系インテリアにベストマッチ tangent(タンジェント)社の Bluetoothステレオスピーカー、 Classic(クラシック)

オーディオ機器のチョイスはインテリアが好きな人にとってなかなか難しいもの。 北欧系のインテリア…

ph1

72枚の羽が生み出す北欧の柔らかな明かり-PHアーティチョーク-

text : 宇田川しい 名作と言われる照明は数多くありますが、ポール・ヘニングセンの…

ingela8_2

誰からも愛されるイラスト!Ingela P.Arrhenius(インゲラ・アリアニウス)のポスター

スウェーデンを代表するイラストレーター、Ingela P Arrheniusu(インゲラ・アリアニウ…

スワンチェア1

アルネ・ヤコブセン/スワンチェアのある風景

1958年に発表された、スワンチェア。 デンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンによるこ…

tendoumokkou1

故・長大作さんと Lisa Larson(リサ・ラーソン)がコラボ 天童木工のマイキーチェア

去る5月1日、日本を代表するデザイナーであり建築家の長大作さんが亡くなりました。 長さんと…

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

perican1

「孤高の天才」Finn Juhl(フィン・ユール)のペリカンチェア。

背もたれから左右に張り出した翼のようなアームが印象的なペリカンチェア。 まるで湖に降り…

kaba

MK Tresmer(エムケートレスマー)社がつくる、カバの貯金箱

以前も紹介したフィンランドのメーカー、MK Tresmer(エムケー トレスマー)社が製造す…

desktop

desktop

PAGE TOP ↑