近代建築ファンが喜ぶ、LEGO®Architecture(レゴ®アーキテクチャー)シリーズ。

公開日: : インテリア雑貨, 玩具

LEGO13

インテリアショップを巡っていて、雑誌などで見かける有名な建築物のミニチュアに出会ったことはありませんか?
高級なデザイン家具の上にディスプレイされていたりして、インテリアアイテムとしての高いクオリティと存在感に惚れ惚れしてしまいそう。

それが「大人のためのレゴ®」と呼ばれている、LEGO®Architecture(レゴ®アーキテクチャー)シリーズなのです。

LEGO®はデンマークのおもちゃだった
あまり知られていませんが、レゴ®は1932年に創立されたデンマークの企業だったんですね。企業名の「レゴ」という名前は「よく遊べ」という意味のデンマーク語「leg godt」から由来しているとか。
子供の頃から自然と北欧生まれのおもちゃで遊んでいたと思うとちょっと嬉しくなります。

<近代建築の巨匠による建築物を組み立てられるLEGO®Architectureシリーズ>
では、どんな建築物がリリースされているのか、実際の建築物のスナップも併せてご紹介していきたいと思います。
(スナップ引用:instagram)

■カウフマンズ邸(落水荘) 設計:フランク・ロイド・ライト

LEGO12

LEGO2

アメリカのデパート「カウフマンズ」オーナーの別荘として1935年に作られた建物。
木々や渓流と融合したデザインで「世界で最も有名な住宅のひとつ」と言われています。
レゴ®でも木々や水路が再現されていますね。

■ロビー邸 設計:フランク・ロイド・ライト

LEGO9

LEGO1

プレーリースタイル(草原住宅様式)の代表作と言われる、低層で水平を強調したデザインが特徴的な1910年に建てられた住宅。
レンガ色の外観がレゴ®でも表現されいていますね。(もう少し赤の彩度を下げたほうがより雰囲気でそうですが。。)

■グッゲンハイム美術館 設計:フランク・ロイド・ライト

LEGO11

LEGO10

ニューヨークにあり、巻貝のような構造が特徴的なグッゲンハイム美術館。
1959年の作品でフランク・ロイド・ライトが亡くなってから完成。

■旧帝国ホテル 設計:フランク・ロイド・ライト
LEGO4

LEGO3

フランク・ロイド・ライトの日本における代表作。1968年に惜しくも取り壊しされてしまい、玄関部分だけが愛知県の明治村に移築されています。レゴ®ではこの部分を再現。

■サヴォア邸 設計:ル・コルビュジェ

LEGO6

LEGO5

「20世紀の住宅の最高作品のひとつ」と言われる1931年に建てられたフランスにある建物。
近代建築の5原則(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、自由な立面、水平連続窓)を実現しており、建築ファンからの人気も絶大。レゴ®でじっくり構造を確認したいですね。

■ファンズワース邸 設計:ミース・ファン・デル・ローエ
LEGO7

LEGO8

1951年に建てられた住宅。そのモダンなデザインは今でも全く古さを感じません。
住み難さと予算オーバーが原因で、建主のファンズワース(女医)と建築家の間で訴訟が行われたとか。
シンプルなデザインが逆にレゴ®での再現性を高めていますね。

いかがでしたでしょうか。
近代建築ファンにとってはどれも感激するような建物ばかり。
価格帯は¥4,800〜¥25,000(※本体価格)
ブロックのピース数も200ピース程から2,000を超えるものまで様々ですが、まずはインテリアや好みに合わせて、お気に入りを手にしたいところですね。

最近では「建築家の卵」に向けた商品もリリース

LEGO14

「studio」と名付けられたこのセットは、白と透明のブロックが1,210ピース入っています。組立て説明書はなく、世界の優れた建築スタジオによる実例が載ったガイドブックを見ながら、再現するという課題のためのセットだそう。

こんな、プロ向けと言ってもおかしくないレゴ®まであるなんて!
創業から90年以上経ったレゴ社から、まだまだ目が離せませんね◎

 

 

desktop

関連記事

lisalarson_exhi4

今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 日本国内でも北欧…

blocklamp5

北欧デザイン照明の逸品、Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)のBlock Lamp(ブロックランプ)

    分厚いガラスの中に、ありのままの姿の電球が収められて…

susanliebe6

Susan Liebe(スーザン・リーベ)のやさしくてガーリーな、セラミックのアイテム達。

翼を広げ、空を飛んでいる姿が美しい、とてもロマンティックな陶磁器でできたツバメのオブジェ、見…

katorisenkou_5

北欧・フィンランドの蚊取り線香入れ。

9月に入り、季節も気分もすっかり秋モードですね。 そんな中、世間を騒がせているデング熱の感…

versodesign_5

北欧の伝統的な工芸品、”白樺のかご”のある風景

北欧系の暮らしに、さりげなくポイントとなるアイテム「白樺のかご」。 白樺は北欧を代表する樹…

raitti2

やさしい素材で感性を育む、marimekko(マリメッコ)の木のおもちゃ

フィンランドを代表するライフスタイルブランド、marimekko(マリメッコ)から発売されて…

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

hay_3

HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょう…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

desktop

desktop

PAGE TOP ↑