ついコレクションしたくなる!幸運をもたらすスウェーデンの馬 ダーラナホース

公開日: : インテリア雑貨, 玩具

ph1

なんとも素朴で愛らしいスウェーデンの伝統工芸品「ダーラナホース」。スウェーデン語ではDalahäst(ダーラヘスト)という、この馬は18世紀の初頭からダーラナ地方で作られているもの。仕事を終えた木こりたちが手なぐさみに端材をナイフ一本で削り出したのがはじまり。日照時間が短い北欧の冬の夜長、木こりたちは自分の子供のためのおもちゃとしてダーラナホースを作ったのです。伐採した木を運び出すための貴重な動力であり、日頃から慣れ親しんでいた馬は格好のモチーフでした。

我が子への愛が詰まった玩具

もともとは木彫りそのままの朴訥な玩具でしたが、19世紀になると赤い色が塗られるようになります。というのも付近に銅山があったため、酸化銅の赤い塗料が手に入りやすかったため。さらに、現地の伝統的なトールペイントの技法であるクルビッツ柄が施されるようになり、現在の代表的なダーラナホースが誕生しました。子供たちを喜ばせるために身近な材料と技術を組み合わせて作られた玩具なんですね。ダーラナホースが幸せを呼ぶと言われるのは、我が子を思って父親が木を削り、母親が彩色した愛情の結晶だからなのかもしれません。
ph2

20世紀に入るとダーラナ地方の一大産業となり、1939年にニューヨーク国際見本市で紹介されたことをきっかけに世界に知られるようになりました。
NILS OLSSON社とGRANNAS社の製品は日本でもよく見かけます。産業化されたといっても、材木を馬の型に抜くところまでで、彫りと彩色は現在も手作業。職人さんが一つひとつ丁寧に仕上げていくために、まったく同じものは二つとありません。

どんなアイテムになっても変わらない
素朴なデザインの力強さ

手仕上げの温もりが魅力のダーラナホースですが、今では、多種多様なデザインが生まれ、またいろいろなアイテムにとりいれられています。
本当にたくさんのダーラナホースがあって、いつの間にかコレクションになっていたという人もいるのでは。

ph3

ph4

これはスウェーデンのライフスタイルカンパニーserholt(セルフォルト)社の製品。上の写真はブルーとホワイトの単色。下の写真はモダンアート風のデザイン。どちらもシンプルモダンなインテリアにマッチしそうですね。ちなみにモダンアート風のものもハンドペイントで、手作りの基本は失っていません。

 

ph5

こちらはAnna Viktoria(アンナ・ヴィクトリア)のカラフルな陶製のダーラナホース。アンナ・ヴィクトリアはデザイナーViktoria Manstrom(ヴィクトリア・モンストローム)によって2006年に設立されたブランド。祖父から受け継いだダーラナホースの彩色技術を活かしながら、現代的なアレンジに挑戦しています。

ph6

ph7

キッチン用品にもこんなふうにアレンジされています。パスタメジャーは大きさの違うプレートが三枚セットになっていて、親子のダーラナホースのようです。
クッキーカッターはスウェーデンのSVEICO(スヴェイコ)社製。スヴェイコ社は他にもたくさんのかわいいアニマル型のクッキーカッターを作っていますよ。お菓子作りが趣味の人は注目です。

ph8

ファブリックももちろんあります。こちらはARVIDSSONS TEXTIL(アルヴィッドソンズ・テキスタイル)社のもの。アルヴィッドソンズは1949年にスウェーデンで創業したテキスタイルのホールセラー。北欧ではマリメッコなどと並ぶ有名な企業です。

ph9

ダーラナホースのスノードーム。ダーラナホース・コレクターにもスノードーム・コレクターにも魅力的なアイテムですよね。

いろいろなダーラナホースがいますが、根底に共通しているのはシンプルなデザインの持つ力強さと暖かみではないでしょうか。幸せを運んで来てくれる馬は、これからも時代を超えて世界中で愛され続けるでしょう。

 

desktop

関連記事

kaba

MK Tresmer(エムケートレスマー)社がつくる、カバの貯金箱

以前も紹介したフィンランドのメーカー、MK Tresmer(エムケー トレスマー)社が製造す…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

bird_6

完売必至!? Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)のiittala birds(イッタラ・バード)、White ibis(ホワイト・アイビス)が限定復刻!

名匠Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)によるイッタラバードことBirds by To…

kay_bojensen_4

素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。 デンマークのクラフトデザイナー、Ka…

poodle1

雑誌「SPUR」とコラボ!Lisa Larson(リサ・ラーソン)の限定プードル

集英社が発行する女性ファッション誌「SPUR(シュプール)」が北欧スウェーデンを代表するLi…

raitti2

やさしい素材で感性を育む、marimekko(マリメッコ)の木のおもちゃ

フィンランドを代表するライフスタイルブランド、marimekko(マリメッコ)から発売されて…

LEGO13

近代建築ファンが喜ぶ、LEGO®Architecture(レゴ®アーキテクチャー)シリーズ。

インテリアショップを巡っていて、雑誌などで見かける有名な建築物のミニチュアに出会ったことはあ…

moomin_calender_1

大人も楽しめる、ムーミンアドベントカレンダー2014

今年も残すところあと3ヶ月。 12月の一大イベントといえば、クリスマス。 子供達にとって…

katorisenkou_5

北欧・フィンランドの蚊取り線香入れ。

9月に入り、季節も気分もすっかり秋モードですね。 そんな中、世間を騒がせているデング熱の感…

versodesign_5

北欧の伝統的な工芸品、”白樺のかご”のある風景

北欧系の暮らしに、さりげなくポイントとなるアイテム「白樺のかご」。 白樺は北欧を代表する樹…

desktop

PAGE TOP ↑