教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

公開日: : インテリア, インテリア雑貨

attenanaamu2

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。
フィンランドの巨匠、Kaj Franck(カイ・フランク)がデザインを手がけ、1954年にiittala(イッタラ)社から発売された作品です。

ateenanaamu10

製品名のAteenan aamuとはフィンランド語で「アテネの朝」という意味。
ギリシャ好きのカイ・フランクが、日曜の朝にアテネの街に響き渡る教会の鐘の音色をイメージしてデザインしたそう。(ちなみにカイ・フランクはギリシャを旅行中に亡くなったそうです。)
実際に、このオブジェは並べて吊るすと風の動きでガラス同士が触れ、とてもきれいな音が鳴るのです。
日本の風鈴のようですね^^

 

< カイ・フランクの生誕100周年記念で復刻販売 >

半世紀以上も前に発売された「アテネの朝」ですが、カイ・フランクの生誕100周年を記念して2011年に復刻。再生産された現行品が発売中のようです。
価格は3本1セットで¥14,000(本体価格)。
ガラス職人がひとつひとつ息を吹き込んで作っているのを考えると、とても良心的な価格ではないでしょうか◎
attenanaamu4

1セットだけでなく、2セット(6本)吊るすと、さらにオブジェとしての存在感が増しますね。

 

attenanaamu3

ウッドブラインドとの相性も良いですね。
とてもモダンな印象でクールです。

 

ateenanaamu5

窓辺に飾れない場合は、壁際に吊るしてはいかがでしょうか。
照明の効果で壁に映る影もまた素敵ですよ。

 

ateenanaamu7

高層階の部屋に飾られた「アテネの朝」のスナップです。
空に溶け込んだガラスがとても美しいですね。

 

ateenanaamu9

「アテネの朝」にグリーンが映り込むのも素敵。
クリアなガラス製を活かして、いろいろと工夫した演出を楽しめそうです。

 

< クリスマス用のオーナメントにもなった「アテネの朝」>

天井に吊るす想定で作られている「アテネの朝」は全長が60cm以上ある大型です。
ガラス製なので、物が触れやすいところには飾れませんし、慎重に取り付け場所を選ばないとなりません。

そこで、より気軽に「アテネの朝」を楽しむための小型モデルも販売されています。

ateenanaamu1

全長13cmほどで2本セット。¥3,000程度で売られています。
赤いリボンがついているので、クリスマス用のオーナメントにもぴったり。

ateenanaamu8

ちなみに、「アテネの朝」の音色が聞いてみたい方は、
youtubeに動画がアップされていましたので、こちらから再生してみてください。
ガラスの音とは思えない、金属でできた鐘の音色のようなサウンドに感動しますよ^^

 

●デザイナー/Kaj Franck(カイ・フランク)
ateenanaamu6

1911年フィンランドのヴィーブリに生まれる。ヘルシンキ美術工芸大学卒業後、テキスタイルデザイナーなどを経て1950年よりアラビア社にてアートディレクターを務める。イッタラ社やヌータルヤルヴィ社からも多くのガラス製品を生み出している。1989年に旅先のギリシャで死去。

desktop

関連記事

poodle1

雑誌「SPUR」とコラボ!Lisa Larson(リサ・ラーソン)の限定プードル

集英社が発行する女性ファッション誌「SPUR(シュプール)」が北欧スウェーデンを代表するLi…

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

leklint_8

手折りされたペーパーが織りなす優しい光。LE KLINT(レ・クリント)社のライト

プラスチックペーパーを複雑に折り上げたLE KLINT(レ・クリント)社の美しいペンダントラ…

mogensen_1

トーベ・ヤンソン、ウェグナー、そしてもう1人の生誕100周年。Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)

今年はトーベ・ヤンソンとハンス・J・ウェグナーの生誕100周年。それに関する企画やイベントに…

ph1

72枚の羽が生み出す北欧の柔らかな明かり-PHアーティチョーク-

text : 宇田川しい 名作と言われる照明は数多くありますが、ポール・ヘニングセンの…

susanliebe6

Susan Liebe(スーザン・リーベ)のやさしくてガーリーな、セラミックのアイテム達。

翼を広げ、空を飛んでいる姿が美しい、とてもロマンティックな陶磁器でできたツバメのオブジェ、見…

wardrobe1

オブジェとしても絵になる花瓶。Lisa Larson(リサ・ラーソン)のワードローブシリーズ。

北欧・スウェーデンの人気作家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 動物をモチーフに…

goldenbell_10

映画『かもめ食堂』にも登場。ブラスの深い輝きが美しい、artek(アルテック)社のGolden Bell(ゴールデンベル)

ブラスの絞りによるなめらかな形と、深い輝きが美しいartek(アルテック)社のペンダントライ…

stool60_2

-フィンランドの森が育んだ温もりのあるデザイン- Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のスツール60

text : 宇田川しい   カーブのついた脚が特徴的な白木の可愛いスツール。…

ph2

ついコレクションしたくなる!幸運をもたらすスウェーデンの馬 ダーラナホース

なんとも素朴で愛らしいスウェーデンの伝統工芸品「ダーラナホース」。スウェーデン語ではDala…

desktop

PAGE TOP ↑