MK Tresmer(エムケートレスマー)社がつくる、カバの貯金箱

公開日: : インテリア雑貨, ショップ

kaba

以前も紹介したフィンランドのメーカー、MK Tresmer(エムケー トレスマー)社が製造する貯金箱。
かわいらしいシロクマやゾウをモチーフにしたものは、雑貨屋さんでもよく見かけますよが、カバをモチーフにした貯金箱もあるんです。

北欧の家具や雑貨をはじめ、国内外のお洒落なアパレルブランドも扱うショップ、halutaさんが、最近このカバの貯金箱を再生産してもらったそうです。

kaba4

<本日(4/1)発売!Hippo(ヒッポ=カバ) Money Box>

※画像はhalutaさんのページより引用

MK Tresmer(エムケートレスマー)社が作るカバの貯金箱は、シロクマやゾウ、アザラシをモチーフにした貯金箱同様、フィンランドの銀行のノベルティとしてかつて使われていた物だそう。
当時は大きさも2サイズ、カラーもたくさんあったそうですが、今回halutaさんがチョイスしたブルーとグリーンの2色で登場です。

kaba3

小さめのサイズ感が、控えめで可愛らしい佇まいです。
なんとも言えない表情が良いですね^^

kaba2

鍵で開閉する仕組み。
ノベルティとしてフィンランドの銀行で使われていた当時、鍵は銀行のほうで預かってくれていたとか。

 

販売価格は¥2,430(税込)
オンラインショップでも購入できるそうですよ。

まさに、限定復刻販売ですね!

<カバの貯金箱について、もう少し調べてみました。>

調べてみたら、このカバの名前はヘンリー君と言うそうで、
やはりフィンランドの人にとっては親しみのあるプロダクトのようです。

kaba5

ヴィンテージのヘンリー君貯金箱(大)

kaba6

ポップなカラーのものもあったようです。

kaba7

女の子のタイプも当時はあったようです。
ちなみに名前はハンナちゃん。

プラスチックのコロンとしたフォルムがかわいいですよね。
オリジナルは手に入らなくても、こうして再生産を働きかけてくれるショップさんのおかげで手にする機会ができるのは非常に嬉しいですよね。

贈り物にも良さそうな、フィンランドの貯金箱。
是非チェックしてみてくださいね。

■リンク:haluta online shop/ 販売ページ

 

 

desktop

関連記事

hashioki2

Lisa Larson(リサ・ラーソン)、マイキー箸置きが第二弾まで発売中。

言わずと知れた、北欧スウェーデンを代表するブランド、Lisa Larson(リサ・ラーソン)…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

bird_6

完売必至!? Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)のiittala birds(イッタラ・バード)、White ibis(ホワイト・アイビス)が限定復刻!

名匠Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)によるイッタラバードことBirds by To…

ph2

ついコレクションしたくなる!幸運をもたらすスウェーデンの馬 ダーラナホース

なんとも素朴で愛らしいスウェーデンの伝統工芸品「ダーラナホース」。スウェーデン語ではDala…

Irma13

北欧デンマークの老舗スーパーマーケット、Irma(イヤマ)にフォーカス!

この写真、何のお店だと思いますか? 青いワンピースを着たリボンを頭につけた女の子が看板にな…

poodle1

雑誌「SPUR」とコラボ!Lisa Larson(リサ・ラーソン)の限定プードル

集英社が発行する女性ファッション誌「SPUR(シュプール)」が北欧スウェーデンを代表するLi…

soholm1

オンラインショップのみで数量限定販売! 雑誌『Mart』とのコラボで SOHOLM CAFE(スーホルムカフェ)バッグにスペシャルカラーが登場

街の木もすっかり緑が濃くなって、どこかに出かけたくなるこのシーズン。 つい新しいバッグが欲…

aaltovase_icon

自分にぴったりな使い方を考えたい 世界で最も有名な花瓶 iittalaのAalto Vase(アアルトベース)

「世界で最も有名な花瓶」とも「20世紀を代表するデザイン」とも称されるiittalaのAal…

katorisenkou_5

北欧・フィンランドの蚊取り線香入れ。

9月に入り、季節も気分もすっかり秋モードですね。 そんな中、世間を騒がせているデング熱の感…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

desktop

PAGE TOP ↑