5.17(土)&18(日)東京蚤の市で開催!「東京北欧市」

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 イベント, 雑貨

hokuoichi_title

手紙社が主催する東京蚤の市。
今年で3年目を迎える、とても規模の大きなイベントです。
家具や雑貨、古書などのあらゆる骨董品を扱うお店が日本中から集まり、ブース出店する様子はまさに「蚤の市」の賑わい。

“なにか素敵なものに出会えるかも”という期待を胸に多くの人が詰めかけ、その人気はますます高まっているようです。

そんな東京蚤の市の5回目となる開催がいよいよ迫っています!

第5回  東京蚤の市
日程/2014年5月17日(土)、18日(日)
時間/17日 11:00 – 18:00
18日 11:00 – 17:00
場所/東京オーヴァル京王閣
入場料/1日券 400円 2日通し券 600円

ちなみに開催場所の京王閣はかつてレジャー施設として名を馳せ、現在は競輪場として使用されているところです。ところどころにレジャー施設の頃の名残があるちょっとノスタルジックな気分になれるのも楽しみにひとつですね^^

 

<今回は「東京北欧市」も同時開催!>

エキシビジョンとして「北欧」の素晴らしさを伝えるマーケットが開かれるそう。
北欧に特化した、気になる出店者の情報をまとめてみました。

●FUGLEN(東京)

hokuoichi5

代々木公園近くにある、ノルウェー発の話題のカフェですね。
ノルウェーヴィンテージの陶器やガラスなどを出品されるとのこと。

hokuoichi6

以前紹介した、キャサリンホルムのロータスシリーズも出るそう。

 

●Soil(京都)

hokuoichi8

京都・南禅寺近くにある、北欧・ヨーロッパのヴィンテージ品を扱うショップ。

hokuoichi7

こちらはショップで取り扱われているカイ・フランクのデザインによるアラビア社のピッチャー。

●salmiakki(京都)

hokuoichi9

京都・一乗寺に店舗を構えるフィンランド製品を扱うショップ。
素敵な佇まいのお店ですね◎

hokuoichi10

アラビア社のヴィンテージテーブルウェア。

 

●yövalo(東京)

hokuoichi1

吉祥寺に店舗を構える「ユアバロ」。
北欧ヴィンテージ食器やオブジェなどを中心としたショップ。

hokuoichi2

エステリ・トムラのデザインによる「Neptune」シリーズの両手鍋。
これまた貴重な一品ですね。

●harikko(大阪)

hokuoichi4

大阪市内にお店を構える北欧雑貨を取り揃えたショップ。
「お花モチーフ」をコンセプトにした可愛らしいセレクトが特徴的。

hokuoichi3

東京北欧市では北欧のビンテージファブリックをパネルにしたものを豊富な種類で出品されるようです。

 

●Myshica Antik(愛知)

hokuoichi11

店主はスウェーデン出身。北欧を中心としたヨーロッパのアンティークや伝統手工芸品を扱っている名古屋にあるショップです。

hokuoichi12

1920年代のスウェーデンリトグラフ。珍しいアンティーク品に出会えそうな予感がしますね。

●troldhauhgen antiques(東京)

hokuoichi13

実店舗は持たず、骨董市への出店をメインにしているショップ。
店名の由来はノルウェー語で”妖精の棲む丘”という意味だそう。

hokuoichi14

まだあまり知られていない北欧アンティークをご紹介してくれるそうです。

●vokko(滋賀)

hokuoichi16

まるで北欧の湖畔に建っているかのような佇まいのショップ。
北欧ヴィンテージ食器や古道具を中心に扱っているそう。
hokuoichi15

東京北欧市ではアラビア社やグスタフスベリ社のヴィンテージ食器も多数出品されるそうです。

いかがでしたでしょうか?
すべてをご紹介できたわけではありませんが、これだけでも十分見応えがありそうですよね^^

憧れていた北欧ヴィンテージを実際に見て、お店の方と直接お話をしながら選べるなんて、想像しただけでわくわくしますね!
東京蚤の市全体では約150組も出店されるようなので、時間とお小遣いは余裕を持って行かれるのを(心から)おすすめします。

 

 

 

desktop

関連記事

hay_3

HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょう…

LISA Larson おさけとり

リサ・ラーソンで日本酒を。 徳利とお猪口「おさけとり」

Lisa Larson(リサ・ラーソン)のジャパンシリーズが発売となりましたが、 個人的に…

ph3-eye

Stelton(ステルトン)のCLASSICバキュームジャグとお弁当を持ってピクニックに行こう!

  いよいよ暖かくなって春本番。天気がいい日にはお弁当を持って公園へピクニッ…

iittala1

iittala(イッタラ)のマグカップで始める、美味しい一杯のある生活。

フィンランドを代表するリビングウェアカンパニー、iittala(イッタラ)。 1881年の…

kasaten7

「持ち歩くテキスタイル」鈴木マサルさんの傘展開催決定!

テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏。 北欧系が好きな人にとっては、彼の名前を目にする機会…

monkichou2

mina perhonen(ミナ ペルホネン)「紋黄蝶」展が開催中!

  日本発のブランド、mina perhonen(ミナ ペルホネン)。 ス…

moominten

トーベ・ヤンソン生誕100周年記念、史上最大規模の「ムーミン展」いよいよ開催!

今年はムーミンの生みの親である、トーベ・ヤンソンの生誕100周年! アニバーサリーイヤーと…

ph1

巨匠Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)がデザイン plastex(プラステックス)社のガーデニンググッズ

ガーデニング用品でセンスのいいものって少ないと思いませんか? プラステックス社のエバー…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

moomin_mook_12

書店で気軽に購入!MOOMIN(ムーミン)のMOOK本

書店に立ち寄ると目に入ってくるたくさんのブランドムック本。 オリジナルの豪華な付録がついて…

desktop

PAGE TOP ↑