映画『かもめ食堂』にも登場。ブラスの深い輝きが美しい、artek(アルテック)社のGolden Bell(ゴールデンベル)

公開日: : インテリア

goldenbell_10

ブラスの絞りによるなめらかな形と、深い輝きが美しいartek(アルテック)社のペンダントライトA330S、通称「Golden Bell(ゴールデンベル)」。
Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)がヘルシンキのサヴォイレストランのためにデザインしたもの。
1937年のパリ万博でもフィンランド館に展示されました。

goldenbell_9

(snap by instagram)
その名の通り、鐘のようなフォルム。
こうしていくつも並べると、ブラスのシェードが互いに写り込んで、とてもゴージャスな雰囲気に。

goldenbell_2

こちらはブラックのカラーバリエーション。
長いコードがついているので、位置を調節してテーブルの真上に持って来ることができます。
照明を当てると、料理がますます美味しそうに見えるんですよね。
料理の腕をカバーしてくれる、かも^^;

goldenbell_1

(snap by instagram)
こんなふうにベッドルームに1つ使うのも素敵です。
シェードの下部に開けられた穴が部屋の壁に美しいシルエットを描き出します。
いいムードです♡

このゴールデンベル、映画『かもめ食堂』にも登場しているので、印象に残っている人も多いのでは。
goldenbell_6

そうです、サチエ(小林聡美)さんとミドリ(片桐はいり)さんが初めて出会うシーン。
2人でガッチャマンの歌を熱唱する、この名シーンはヘルシンキにあるフィンランドで一番大きい本屋さん「アカデミア書店」がロケ地。
この本屋さんも1969年にアアルトが設計しています。その2階にある、その名も「Cafe Aalto」で撮影されました。
でも、このゴールデンベル、ちょっとデザインが違いますよね。

 

〈2つのバージョンと姉妹品、カラーバリエーションもそれぞれ魅力的〉

goldenbell_8

こちらのバージョンは4つの部品を組み合わせた複雑な構成になっています。
これは1954年にアアルト自身がデザインに手を入れたもの。
これもアアルトの設計によるユヴァスキュラ大学の、教師のための食堂に使われました。
同じ年には素材をブラスから吹きガラスに変えた姉妹品の「A440」も発表しています。

goldenbell_3

オパールガラスのA440は、柔らかな透過光がA330とはまた違った魅力。

 

goldenbell_4

長い間、ゴールデンベルといえば1954年バージョンでしたが、2007年にアルテック社が1937年バージョンを復刻。

 

goldenbell_5

クローム、ブラック、ホワイトのカラーバリエーションも増え4色展開に。
より多くのシーンにマッチするようになりました。
1954年バージョンやガラス素材のA440も含め、それぞれに魅力的ですよね。

そして、ピカピカのゴールデンベルもいいですが、磨かれずにくすんだブラスの風合いも、これはこれで素敵ではないでしょうか。
goldenbell_7

個性豊かなゴールデンベルファミリーから、あなたならどれを選びますか?

 

●Alvar Aalto/アルヴァ・アアルト(1898-1976)

aalto

フィンランドを代表する建築家。建築はもちろん家具やガラス器、照明器具など幅広くデザイン。オーガニックで温もりのあるテイストが北欧らしさを感じさせます。自らがデザインした家具を製造販売するため妻アイノらとともにアルテック社を立ち上げ、成形合板などの技術開発も積極的に行いました。

 

desktop

関連記事

perican1

「孤高の天才」Finn Juhl(フィン・ユール)のペリカンチェア。

背もたれから左右に張り出した翼のようなアームが印象的なペリカンチェア。 まるで湖に降り…

blocklamp5

北欧デザイン照明の逸品、Harri Koskinen(ハッリ・コスキネン)のBlock Lamp(ブロックランプ)

    分厚いガラスの中に、ありのままの姿の電球が収められて…

wall3

注目度急上昇!Moomin(ムーミン)のウォールステッカー。

壁やガラス面に貼って気軽にインテリアを楽しめるアイテム、ウォールステッカー。 最近は賃貸住…

kay_bojensen_4

素朴な表情が懐かしいKay Bojesen(カイ・ボイスン)の動物たちと一緒に暮らす

愛くるしい表情と、木の温もりが魅力の動物フィギュア。 デンマークのクラフトデザイナー、Ka…

stool60_2

-フィンランドの森が育んだ温もりのあるデザイン- Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のスツール60

text : 宇田川しい   カーブのついた脚が特徴的な白木の可愛いスツール。…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

ychair13

生誕100周年を迎えた巨匠 Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)の代表作 Yチェアはなぜ世界中で愛されているのか?

text : 宇田川しい 生涯で500脚以上のチェアをデザインしたデンマーク家具の巨匠…

cushion8

まるでぬいぐるみのようなferm LIVIND(ファーム・リビング)のクッション達。

デンマークのデザイン会社、ferm LIVING(ファーム・リビング)。 以前も同社のウォ…

mogensen_1

トーベ・ヤンソン、ウェグナー、そしてもう1人の生誕100周年。Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)

今年はトーベ・ヤンソンとハンス・J・ウェグナーの生誕100周年。それに関する企画やイベントに…

lisalarson_exhi4

今秋、LISA LARSON(リサ・ラーソン)展開催!

スウェーデンを代表する陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。 日本国内でも北欧…

desktop

desktop

PAGE TOP ↑