吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

公開日: : 雑貨, 食器

SKRUF_2

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼び名もあるほど。
そのガラス王国にあるスクルーフ村で、地名を冠して1897年から工房をかまえている老舗がSKRUF(スクルーフ)社。
伝統的な吹きガラスの手法で多くの美しいガラス器を生み出しています。
なかでもBellman(ベルマン)シリーズはスクルーフ社を代表するドリンクウェア。

SKRUF_1

左からタンブラー、ワイングラス、ウィスキーグラス、ビアグラス。
一見、なんの変哲もないシンプルなデザインのグラスたち。
でも手に取ってよく見るとハンドメイドならではの温もりを感じさせるディテールが。

 

SKRUF_5

フチが微妙にゆがみ、表面にも揺らぎがあります。
職人さんが一つひとつハンドメイドしているので全く同じ物はないんです。
世界に一つのものを手にしていると思うと、なんともいえない愛おしさが湧いてきます。

 

SKRUF_4

グラスの底、中央には丸くザラザラした部分があります。
これは、ガラスを吹く棒(ポンテ)を切り離した時に残るポンテ跡。
そしてデザイナーのカットサインが。
ハンドメイドならではの味わいが素敵です。

 

SKRUF_9

こちらはコーディアルグラス。アクアビットなど北欧の強いお酒を飲むときに使うもの。
冷凍庫で凍る直前まで冷やしてトロトロになったアクアビットを注いだら、この揺らぎのあるグラスと一体になったかのようにマッチしそう。

 

SKRUF_7

このワインボトルは、口の部分にガラスが巻き付けられています。決して均質ではないところがいいですよね。

究極の普段使いグラス!

ベルマンをデザインしたのはスクルーフを代表するデザイナー、Ingegerd Raman(インゲヤード・ローマン)。
ローマンは他にも様々な名作を生み出しています。

SKRUF_10

オイルボトルはボール状の磨りガラスがフタになっています。
このフタを押さえることで、オイルを細く注げるんですね。

 

SKRUF_6

スウェーデン王室のためにデザインされたKARL(カール)シリーズのウィスキーグラス。
王冠のマークが誇らしげ!
実際に王室に納めているグラスは王冠が3つなんだそうです。
王室に配慮して、市販のものは王冠1つにしているのだとか。

 

SKRUF_8

これらの素材はカリクリスタルと言われるガラス。
一般的なクリスタルガラスは有害な鉛が添加されています。
カリクリスタルの場合は木炭から作られる酸化カリウムを使用しているため環境に優しいのです。
クリスタルガラスに引けを取らない透明度があり、なおかつ強度が高いという特徴もあります。
だから普段使いにも向いているんです。
価格帯はウィスキーグラスで5,000円前後からと、安くはありませんが、この特別感のあるグラスを普段使い出来る贅沢を思えばむしろリーズナブルではないでしょうか。
ベルマンこそ“究極の普段使いグラス”と言えるかもしれません。

 

●Ingegerd Raman/インゲヤード・ローマン (1943ー )

SKRUF_3

スウェーデン、ストックホルム生まれ。
ストックホルム芸術大学卒業後、イタリアで陶芸を学ぶ。
1968年からガラスメーカーに勤務し、1972年に独立。
1981年からスクルーフ社のデザインを手掛ける。
見た目が美しいだけでなく使い勝手が良いデザインが特徴で、これはローマンが料理好きなためと言われる。
スウェーデンを代表するデザイナーであり、スウェーデン政府からプロフェッサーの称号を授与されている。

 

desktop

関連記事

moominmug11

ファン待望!今年のムーミンサマーマグは「クリップダッスとトゥーティッキの航海」

Arabia(アラビア)のムーミンマグと言えばコレクターに人気の高いアイテム。 中でも、2…

bersa8

【不朽の名作北欧食器シリーズ】Bersa(ベルサ)

白い陶磁器に緑の葉っぱが描かれた、生命力溢れるデザインが印象的なBersa(ベルサ)。 北…

iittala1

iittala(イッタラ)のマグカップで始める、美味しい一杯のある生活。

フィンランドを代表するリビングウェアカンパニー、iittala(イッタラ)。 1881年の…

wasara4

MOOMIN(ムーミン)×WASARA(ワサラ)の紙の食器でピクニック!

WASARA(ワサラ)という紙製の食器をご存知でしょうか? 葦や竹、さとうきびの搾りかすで…

ph3-eye

Stelton(ステルトン)のCLASSICバキュームジャグとお弁当を持ってピクニックに行こう!

  いよいよ暖かくなって春本番。天気がいい日にはお弁当を持って公園へピクニッ…

quistgaard12

Jens H Quistgaard(イェンス・H・クイストゴー)の和テイスト漂うヴィンテージ食器

北欧デザインにはどこか日本的な雰囲気を感じさせるものが沢山あります。 それは日本人と北欧の…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

monamie9

【不朽の名作北欧食器シリーズ】Mon Amie(モナミ)

北欧、スウェーデンの王室御用達の窯として創業したRorstrand(ロールストランド)社。 …

tin8

北欧名作テキスタイルを日常に。almedahls(アルメダールス)のブリキ缶キャニスター。

以前、ファブリックのコーナーで紹介した、スウェーデンのブランド、Almedahls(アルメダ…

ph1

巨匠Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)がデザイン plastex(プラステックス)社のガーデニンググッズ

ガーデニング用品でセンスのいいものって少ないと思いませんか? プラステックス社のエバー…

desktop

PAGE TOP ↑