巨匠Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)がデザイン plastex(プラステックス)社のガーデニンググッズ

公開日: : 雑貨

ph1

ガーデニング用品でセンスのいいものって少ないと思いませんか?

プラステックス社のエバーグリーンはフィンランドが生んだ鬼才エーロ・アールニオのデザイン。

庭やベランダに置いておきたくなるアイテムです。

 

ph2

ph3

新緑の季節。暖かくなると庭に出る時間が長くなってきますよね。

ガーデニング・シーズンもいよいよ本番。せっかくならガーデニングの道具もデザインの良いものを使いたいと思いませんか。
そこでおすすめしたいのがplastex(プラステックス)社のEvergreen(エバーグリーン)シリーズ。
前傾したスタイルが軽やかな印象のプラスチック製のじょうろ。ミッドセンチュリーを代表するデザイナーであり現在も活躍する巨匠エーロ・アールニオがデザインしたものなんです。デザイン性はもちろんですが機能性も兼ね備えています。

ph4

ノズルの先を見てください。下にカーブしているので、水がいっきに出て来ないんです。

 

 

ph5

こちらのスプレーボトルは、ドレスを着た女性のようにも見えます。

サイドにはしっかりアールニオのネームが。

 

ph6

 

フラワーベースもあります。シンプルですが、アールニオらしいスペーシーな気分を感じますね。

 

ミッドセンチュリーの巨匠
アールニオのデザインをお手軽に

これらを製造販売しているのはフィンランドのプラスチック製品の老舗、plastex(プラステックス)社。
プラステックス社は1936年にヘルシンキで創業。キッチンツールやおもちゃなど家庭用品から業務用の容器まで、プラスチック製品で大きなシェアを持つ企業です。近年では北欧デザインの発展にも注力。実力のあるデザイナーとのコラボラインplastex DESIGNを立ち上げました。エバーグリーンもその中のシリーズ。
プラスチック製品というと、いかにも工業製品というイメージですが、エバーグリーンは職人的な仕事で作られています。仕上げは一つひとつ手作業。定評のあるプラスチック成形技術は吹きガラスの製法を応用したものなのです。

アールニオはエバーグリーンの他にも様々なプロダクトをデザインしています。

ph8

ニット帽をモチーフにしたソルト&ペッパーシェイカー。

 

ph9_10

これは犬の形をしたブロックDOGGY(ドギー)。こんなスタイリッシュなおもちゃを子供たちだけに独占させておくのはもったいないですよね。自分なりに組み合わせてオリジナルのオブジェを作ってみたり。

エーロ・アールニオと言えばボールチェアが有名。

迫力あるデザインに憧れている人も多いのでは。

ph11

下の写真は内部に電話器が取り付けられた仕様のもの。

アールニオも自宅で使っていたそうですよ。

ph12

人気の高いボールチェアですが問題は価格と大きさ。まあ値段のほうは置いておくとしても(約100万円!)、球体部分が1メートルほどもあるので、部屋のスペースを取るのはもちろん搬入すら大変……。ボールチェアを諦めていた人でもエバーグリーンなら手軽にアールニオのデザインを手に出来ますよ。ちなみに価格帯はじょうろが2リットルのもので2800円程度。スプレーボトルが1800円程度。フラワーベースが5000円程度で売られているようです。

●Eero Aarnio/エーロ・アールニオ

ph13

1932年フィンランド、ヘルシンキ生まれ。インスティチュート・オブ・インダストリアル・アート・オブ・ヘルシンキで工業デザインを学んだのちプロダクトデザイナーとして活動。ボールチェアをはじめとする未来的なデザインがまずアメリカで注目され、のちにヨーロッパでも人気を博す。ミッドセンチュリーを代表するデザイナーであり、現在も活躍中。
ph14

ボールチェアに座る若き日のアールニオ。

本人もスタイリッシュですね^^

 

 

 

 

 

desktop

関連記事

jacobsen_clock13

巨匠の様々なエピソードを秘めたARNE JACOBSEN TABLE CLOCK(アルネ・ヤコブセン テーブルクロック)

  北欧が生んだ巨匠、アルネ・ヤコブセン。 生涯に数多くの建築とプロダクト…

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

lisa_bear_icon

猫の”マイキー”がBE@RBRICKに!リサ・ラーソンとメディコムトイのコラボグッズ。

この目つき、このしましま模様。。 北欧系が好きな方には「ピン」と来るのではないでしょうか?…

olle_14

可愛らしく、ユーモアに溢れたOlle Eksell(オーレ・エクセル)の作品たち。

スウェーデンを代表する、ミッドセンチュリーの巨匠グラフィックデザイナー、Olle Eksel…

hobonichi_5

「ほぼ日手帳2015」mina perhonen(ミナペルホネン)カバーをチェック!

コピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳、「…

ingela1

インテリアにもなるメラミンプレート

北欧系が好きな人を一瞬で虜にしてしまうメラミンプレートがあります。 かつて私もギフトでいた…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

LISA Larson おさけとり

リサ・ラーソンで日本酒を。 徳利とお猪口「おさけとり」

Lisa Larson(リサ・ラーソン)のジャパンシリーズが発売となりましたが、 個人的に…

darling_icon

レトロでモダンなイラストにキュンとなる。 Darling Clementine(ダーリン・クレメンタイン)のステーショナリー。

かわいらしい柄やイラストの入った、ポストカードやノートをついつい集めてしまう。という方は多い…

tangent1

北欧系インテリアにベストマッチ tangent(タンジェント)社の Bluetoothステレオスピーカー、 Classic(クラシック)

オーディオ機器のチョイスはインテリアが好きな人にとってなかなか難しいもの。 北欧系のインテリア…

desktop

PAGE TOP ↑