可愛らしく、ユーモアに溢れたOlle Eksell(オーレ・エクセル)の作品たち。

公開日: : キッチン用品, 雑貨

olle_3

スウェーデンを代表する、ミッドセンチュリーの巨匠グラフィックデザイナー、Olle Eksell(オーレ・エクセル)。
彼のユーモラスで可愛らしい作品は、今日のスウェーデンデザインの礎を築いたとも言われています。
一度見たら忘れない、心に残るオーレ・エクセルのグラフィックやイラストは様々なプロダクトで製品化され現在も発売されています。もしかしたらどこかで目にしたことがあるかも。

 

olle_5

オーレ・エクセルの名前を一躍有名にしたのが、この「ココアアイズ」。
1956年にスウェーデンのチョコレート会社、マゼッティ社(現在はフィンランドのファッツェル社に吸収合併)が行ったコンペによって企業ロゴに採用され、現在でもファッツェル社の商品に使われています。
ピクトグラムで表現された、とてもインパクトのあるデザインですよね。

olle_12

ポスターにもなっていて、部屋に飾っている方もたくさんいるようです。
(snap by instagram)

 

olle_3

マゼッティ社から発売されたチョコレートボックス。
チョコレートの包み紙、ひとつひとつをデザインし、それがパッケージのイラストにもなっています。包み紙を捨ててしまうのがもったいないですね。

 

olle_6

日本の雑誌「アイデア」の表紙も手がけたそう。
1951年の作品です。ちなみに「アイデア」は誠文堂新光社から現在も発売されている雑誌。

 

<almedahls(アルメダールス)からキッチングッズが発売中!>

2013年からは、スウェーデンンの老舗テキスタイルメーカーのアルメダールス社から、オーレ・エクセルのデザインを起用したキッチングッズが発売されています。

olle_9

カラフルなポットに生えた植物達はよくみるととても不思議で独特。
オーレ・エクセルのユーモアが存分に楽しめるデザインです。
トレイ/¥5,900(本体価格)

 

olle_11

ワインボトルと鳥が描かれた「ハッピー・バードデー」。
スウェーデンにかつてあったホテルのレストランのメニュー用にデザインされたそうです。
色数が少ないのに、とってもお洒落ですよね◎
キッチンワイプ/¥540(本体価格)

 

olle_10

オーレ・エクセルが愛したモチーフのひとつ、「ペン」のイラストが集まったデザイン。
ペンが様々な物に変身していて見ているだけで楽しくなりますね。
トレイ/¥5,900(本体価格)

 

olle_8

鳥はオーレ・エクセルが大好きだったモチーフ。
スウェーデン語、ドイツ語、英語、フランス語で「鳥」という単語が、カラフルな鳥のイラストで描かれています。オーレにはアルファベットが鳥の形に見えていたのかも知れませんね^^
キッチンタオル/¥1,900(本体価格)

 

olle_1

a.ニシンをモチーフにした「ストロミング」
b.ライオンをモチーフにした「ノルディック・ライオン」
c.荷物を運んでるイラストの「キャリヤー・マン」
d.ギフトボックスをハットの上に乗せた「パッケージ・ボーイ」
トレイ/各¥3,800(本体価格)

これらのキッチングッズに使われたイラストは初めて世に出るものばかり。
インテリアアイテムとしても使えるトレイはコレクションしたくなる一品ですね。

< もっと身近にオーレ・エクセルのデザインを!マスキングテープ >

olle_4

マスキングテープ、mtシリーズを販売しているカモ井加工紙株式会社からは、オーレ・エクセルのデザインを使ったものが発売されています。

olle_2

アイデア次第でさまざまな使い方ができるマスキングテープなら、より身近にオーレ・エクセルのデザインを楽しめますね。
マスキングテープ/¥210〜¥280(本体価格)

●Olle Eksell/オーレ・エクセル (1918-2007)

olle_13

スウェーデン、ダーラナ地方生まれ。広告スクールで学び4年間広告代理店に勤務。
1946年に渡米し、デザインを学ぶ。1957年からチョコレートメーカー、マゼッティ社のトータルデザインプログラムを担当。「優れたデザインは経済効果をもたらす」という信念を訴え続け、1964年には自身の集大成として書籍「デザイン=エコノミー」を出版。デザイン学校のテキストとしても使われた。75歳までフリーランスで精力的に活動。日本国内では2006年頃から人気に火が付き日本語版の書籍も出版された。

 

desktop

関連記事

ingela1

インテリアにもなるメラミンプレート

北欧系が好きな人を一瞬で虜にしてしまうメラミンプレートがあります。 かつて私もギフトでいた…

hokuoichi_title

5.17(土)&18(日)東京蚤の市で開催!「東京北欧市」

手紙社が主催する東京蚤の市。 今年で3年目を迎える、とても規模の大きなイベントです。 家…

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

hobonichi_5

「ほぼ日手帳2015」mina perhonen(ミナペルホネン)カバーをチェック!

コピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳、「…

iittala1

iittala(イッタラ)のマグカップで始める、美味しい一杯のある生活。

フィンランドを代表するリビングウェアカンパニー、iittala(イッタラ)。 1881年の…

darling_icon

レトロでモダンなイラストにキュンとなる。 Darling Clementine(ダーリン・クレメンタイン)のステーショナリー。

かわいらしい柄やイラストの入った、ポストカードやノートをついつい集めてしまう。という方は多い…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

moomin_mook_12

書店で気軽に購入!MOOMIN(ムーミン)のMOOK本

書店に立ち寄ると目に入ってくるたくさんのブランドムック本。 オリジナルの豪華な付録がついて…

desktop

PAGE TOP ↑