渡辺力のRIKI STOOL(リキスツール)

公開日: : インテリア, 家具

riki3

六角柱のシンプルなフォルム、彩度を抑えたやさしいカラーリングで静かな存在感を放つ、段ボールでできたスツールがあります。
このスツールは通称「RIKI STOOL(リキスツール)」と呼ばれており、Qデザイナーズがデザインを手がけ1965年に発表されました。当時Qデザイナーズの代表を務めていたのが、日本人初のフリーランスデザイナー<渡辺力(わたなべ りき)>でした。

ネジや工具は一切不要。組み立てるだけで完成するRIKI SOOL(リキスツール)。

段ボール家具であるリキスツールは3種類のパーツを、山折り、谷折り、はめ込みの作業だけで完成します。組み立て作業にネジや接着剤を使わずスツールを作るというのはちょっと信じられない気もしますよね。
しかも、耐荷重は600kg!というから驚きです。発売当時は「4つのスツールで象の体重も支えられる」というコピーで話題になったそうです。

riki4

パッケージの状態ではフラットです。

riki2

このような感じで折ったり、はめ込んで組み立てます。

riki7

重量はロータイプで約1.2kg、ハイタイプで1.55kgととても軽量。
子供でも楽々持ち運びができる重さですね。

今でこそ段ボールはあらゆる梱包資材に利用されている大変身近な素材ですが、リキスツールが発売された1960年代は、まだ段ボール紙が出始めたばかり。安価な再生素材ではなかったそう。
なのでリキスツールの当時の価格は3,000円。これは今の価格に換算すると85,000円ほどになるとか。
さすがに高価すぎて、なかなか手が出せませんよね。

1997年に復刻された時には段ボール紙もかなり安価になり、リキスツールの価格も大変手頃なものになりました。
現在の販売価格は、ロータイプ¥2,800/ハイタイプ¥3,300(※本体価格)。
組み立て式の段ボール素材とはいえ、これはお値打ちですよね。

復刻時にカラーも選び直されたそうですが、単色タイプ、2色タイプ、ミックスカラーの3種類が現在発売されています。

■単色タイプ
riki6

 

■2色タイプ

riki5

 

■ミックスカラー

riki8

積み木のように遊んだり、表面に絵を描いたりできるので幼稚園や保育園でも使われているそうですよ。
このタイムレスなデザインと価格なら、是非いくつか持っておきたいと思わせるアイテムですよね!

<デザイナー/渡辺力(わたなべりき)>

riki1

1911年東京生まれ。東京高等学校木材工芸科卒業後、群馬県工芸所を経て、1949年に渡辺力デザイン事務所を設立。1957年、トリイスツールと円形センターテーブルがミラノトリエンナーレで金賞を受賞。日比谷第一生命のポール時計や京王プラザホテルのインテリアなどで広く親しまれている。2013年に101歳で死去。戦後日本のデザイン黎明期に革新をもたらしたパイオニア的な存在である。

 

 

 

desktop

関連記事

fermliving10

ferm LIVING(ファームリビング)のウォールステッカーで”手軽に”お部屋のカスタマイズ

ここ数年、ますます加熱するDIYブーム。 なかでもお部屋の印象をガラッと変える壁紙のカスタ…

wall3

注目度急上昇!Moomin(ムーミン)のウォールステッカー。

壁やガラス面に貼って気軽にインテリアを楽しめるアイテム、ウォールステッカー。 最近は賃貸住…

goldenbell_10

映画『かもめ食堂』にも登場。ブラスの深い輝きが美しい、artek(アルテック)社のGolden Bell(ゴールデンベル)

ブラスの絞りによるなめらかな形と、深い輝きが美しいartek(アルテック)社のペンダントライ…

leklint_8

手折りされたペーパーが織りなす優しい光。LE KLINT(レ・クリント)社のライト

プラスチックペーパーを複雑に折り上げたLE KLINT(レ・クリント)社の美しいペンダントラ…

ph7

北欧デザインに新風を吹き込む 気鋭のデザイナーが送る muuto(ムート)のプロダクトに注目!

muuto(ムート)は2006年、Peter Bonnén (ピーター・ボーネン)と Kri…

marnichair2

ユニーク、かつ洗練されたデザイン!MARNI(マルニ)のチェアコレクション

2012年、国際的な家具の見本市であるミラノサローネにカラフルなPVC(ポリ塩化ビニール)の…

designletters8

アルネ・ヤコブセンの美しい文字を使ったテーブルウェア

世界的に名高いデンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンがデザインしたフォントを使ったテーブルウ…

attenanaamu4

教会の鐘の音を窓辺に。iittalaのAteenan aamu(アテネの朝)

丸い球体が連なるデザインが印象的なガラス製のオブジェ。 フィンランドの巨匠、Kaj Fra…

ph3

レトロポップなAlmedahls(アルメダールス)のリネンで キッチンに北欧の風を

(all snap by instagram) ポップでどこか懐かしいデザインが人気の…

スワンチェア1

アルネ・ヤコブセン/スワンチェアのある風景

1958年に発表された、スワンチェア。 デンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンによるこ…

desktop

PAGE TOP ↑