メガネ付きがプレミアつきに!トーベ・ヤンソン生誕100周年記念ムーミンマグカップ

公開日: : 食器

moominmug3

2014年はムーミンの生みの親である、トーベ・ヤンソン生誕100周年記念イヤーということで、例年に増してムーミングッズのリリースが相次ぎ、ブームも盛り上がりをみせていますね。

そんな中、記念マグカップのうちメガネマークが内側にプリントされているものに早くもプレミアムが付き、高値で取引されているという情報です。

6個にひとつの割合!メガネマーク付きの100周年記念ムーミンマグカップ

moominmug2

なぜメガネマーク?と言うと、このジュビリーマグに描かれているのは絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」のストーリー。気難しい女の子、スサンナが野原でひろった不思議なメガネをかけて、ムーミン谷への旅を始める物語をモチーフにしているからなのです。

内側にメガネマークがプリントされたものは、6個に一つという割合のため非常にレアアイテムになっているんですね。

オークションサイトでは2万円前後で出品されているようです。
マグカップ自体の定価が¥5,000(本体価格)なので4倍近くに高騰!人気の高さが伺えます。

moominmug

マグカップの底面にはトーベ・ヤンソン生誕100周年記念ロゴがしっかりと入っています。

メガネマーク付きはもちろんですが、このマグカップ自体も相当な人気で発売初日で完売してしまったケースも多いそうで、今は再入荷待ちの状態。再入荷は5月下旬くらいではないかと言われているそうです。

トーベ・ヤンソン生誕100周年記念マグでフィーカタイムを

運良くこの記念マグカップを手にした方々は、思い思いのスタイルでフィーカ(スウェーデン語でお茶をすること)を楽しんでいるようですよ。
snap by instagram

moominmug5

moominmug6

北欧名作食器、グスタフスベリのベルサシリーズのプレートとも相性が良いですね^^

moominmug4

さて、気になるのはメガネマーク付きをどのように手にするかですよね。
せっかくだからメガネマーク付きを手にしたいところ。

販売店によっては、6個以上の購入で確実に1つメガネマーク付きが手に入るという販売方法をとっているところもあるそうです。
家族が多い家庭や来客用に複数揃えるのであれば、そうした販売店を探すのも良さそうです。

いずれにしても、白地にグリーンをふんだんに使って描かれた可愛らしいメモリアルマグカップ。
ひとつにつき2ユーロがユニセフの教育プログラムに寄付される、という優しさも買い手にとっては嬉しい気持ちになりますね。

desktop

関連記事

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

ingela1

インテリアにもなるメラミンプレート

北欧系が好きな人を一瞬で虜にしてしまうメラミンプレートがあります。 かつて私もギフトでいた…

valencia_4

【不朽の名作北欧食器シリーズ】手描きの絵付けが素朴で力強い、arabia(アラビア)の名作Valencia(バレンシア)

arabia(アラビア)のValencia(バレンシア)は1960年に製造が始まり2003年…

wasara4

MOOMIN(ムーミン)×WASARA(ワサラ)の紙の食器でピクニック!

WASARA(ワサラ)という紙製の食器をご存知でしょうか? 葦や竹、さとうきびの搾りかすで…

adam11

【不朽の名作北欧食器シリーズ】ADAM(アダム)とEVA(エヴァ)

規則正しく並んだドット柄がシンプルでかわいらしいデザイン。 よく見ると食器のフォルムに沿っ…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

moominmug11

ファン待望!今年のムーミンサマーマグは「クリップダッスとトゥーティッキの航海」

Arabia(アラビア)のムーミンマグと言えばコレクターに人気の高いアイテム。 中でも、2…

kodomonoutsuwa2

mina perhonen(ミナ ペルホネン)の”こどものうつわ”

日本発の北欧系ファッションブランドとして人気の高いmina perhonen(ミナ ペルホ…

unikko1

揃えたい!marimekko(マリメッコ)”ウニッコ”誕生50周年記念シリーズ

フィンランドを代表するブランド、marimekko(マリメッコ)社。 マリメッコと聞いて、…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

desktop

PAGE TOP ↑