書店で気軽に購入!MOOMIN(ムーミン)のMOOK本

公開日: : 雑貨

moomin_mook_12

書店に立ち寄ると目に入ってくるたくさんのブランドムック本。
オリジナルの豪華な付録がついていて、ついつい手に取ってしまいますよね^^
どちらかと言うと、付録がメインなのでは?と思ってしまうような新しい本のカタチ。

先日、宝島社が発行している、Lisa Larson(リサ・ラーソン)のムック本をご紹介しましたが、
今回は同じ宝島社が発行している、MOOMIN(ムーミン)のムック本から発売中のものを中心にピックアップして、付録とともにご紹介します◎

MOOMIN 晴雨兼用折りたたみ傘BOOK

moomin_mook_4

MOOMINのオリジナル折りたたみ傘がついたBOOK。
書店で折りたたみ傘を購入できるという不思議な感覚に戸惑いながらも、つい手にとってしまいそうですね^^
付属(本体?)にはミニブックがついていて、トーベ・ヤンソン生誕100周年記念イベントについてや、ムーミンのレイングッズについて特集した記事が掲載されています。

 

moomin_mook_3

こちらが、折りたたみ傘。
赤地にブルーでムーミンキャラクター達が総柄プリントされています。
線画なのがさりげなくて良いですよね◎
UVカット率が88%となっており、雨の日だけでなく晴れた日も日傘として使用できます。
¥2,100(本体価格)

 

MOOMIN 保冷バッグBOOK
moomin_mook_8

こちらは、保冷バッグがついた本。
ミニブックには、保冷バッグの絵柄にちなんでムーミンママとリトルミイのグッズを特集しています。

 

moomin_mook_7

フロントは絵を描いてるムーミンママのイラストが描かれています。

 

moomin_mook_6

バックプリントは箱から顔をのぞかせているリトルミイ。
面白いのは、くるくるとバッグを収納すると・・・

moomin_mook_5

リトルミイらしい表情が全面にくるようになっているんです^^
トートバッグのような大きめサイズですが、コンパクトにまとめられるのは嬉しいですね!
保冷仕様なのでこれからの季節、お買い物に持って行くにはバッチリです◎
¥1,800(本体価格)

MOOMIN レジャーシートBOOK

moomin_mook_11

レジャーシートがついたBOOK。
ミニブックにはムーミンの展覧会情報が掲載されています。
ピクニックに持って行きたいムーミングッズの紹介もあって、お出かけ気分が盛り上がりそうな一冊です。

moomin_mook_10

ムーミン、リトルミイ、スティンキーがプリントされた総柄です。
オレンジ色とモノトーンの組み合わせが懐かしい雰囲気ですよね^^
大きさは105cm×165cmと大きめなので、寝転んだり、2〜3人で座れます。

moomin_mook_9

折り畳んでコンパクトになり、持ち手もついているのでとても便利ですよね。
¥1,400(本体価格)

 

■MOOMINスマートフォンケースBOOK(全3種)

moomin_mook_1

ムーミンキャラクターのスマートフォンケースがついたブック。
iPhone5/5S用のケースなので、使っている方はラッキーですね!

moomin_mook_2

デザイナーの川村よしえさんが主宰するデザイン会社、otome-graph.のデザインによるスマートフォンケースが付いています。
カラーリングもかわいらしく、乙女心をくすぐるデザインですよね。
¥1,800(本体価格)

いかがでしたでしょうか。
どの付録も実用性があって、クオリティも高いですよね。
ムーミンのことも知れて、オリジナルグッズまで手に入る。
まさに「一石二鳥」なブランドムック。
本を買う感覚で気軽に楽しみたいですね^^

 

desktop

関連記事

hokuoichi_title

5.17(土)&18(日)東京蚤の市で開催!「東京北欧市」

手紙社が主催する東京蚤の市。 今年で3年目を迎える、とても規模の大きなイベントです。 家…

ph1

巨匠Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)がデザイン plastex(プラステックス)社のガーデニンググッズ

ガーデニング用品でセンスのいいものって少ないと思いませんか? プラステックス社のエバー…

hay_3

HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょう…

hobonichi_5

「ほぼ日手帳2015」mina perhonen(ミナペルホネン)カバーをチェック!

コピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳、「…

flora_1

復刻版で日常使いも。マウスブローの繊細な美。Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)のFlora(フローラ)

Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)さんといえばイッタラ社のカステヘルミやバードコレク…

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

totem1

テーブルに映える!Totem Coasters(トーテム・コースター)。

個人的に所有もしていて、北欧系が好きな方におすすめのコースターがあります。 あの、MOMA…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

tin8

北欧名作テキスタイルを日常に。almedahls(アルメダールス)のブリキ缶キャニスター。

以前、ファブリックのコーナーで紹介した、スウェーデンのブランド、Almedahls(アルメダ…

ph3-eye

Stelton(ステルトン)のCLASSICバキュームジャグとお弁当を持ってピクニックに行こう!

  いよいよ暖かくなって春本番。天気がいい日にはお弁当を持って公園へピクニッ…

desktop

PAGE TOP ↑