復刻版で日常使いも。マウスブローの繊細な美。Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)のFlora(フローラ)

公開日: : 雑貨, 食器

flora_1

Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)さんといえばイッタラ社のカステヘルミやバードコレクションが人気ですよね。
多くのガラス器を世に出してきたオイバさんですが、中でも評価が高いものの1つにFlora(フローラ)シリーズがあります。

 

flora_11

フローラとは植物相という意味。
その名の通りマウスブローによる薄手のガラスに植物の模様が浮かび上がっています。

 

flora_10

(snap by instagram)

カラーも淡い独特な色調。
光の当たり方で様々な表情を浮かべ、透過光によって出来る模様も素敵です。

フローラが誕生したのは1966年のこと。
1964年、ヌータヤルヴィ社で製造されたカステヘルミで
鮮烈なデザイナーデビューを果たしたオイバさんの次作がフローラでした。
カステヘルミが厚めのプレスガラスにドット模様だったのに対し、
フローラでは薄い吹きガラスに具象的な模様と対照的な美しさとなっています。

flora_8

こちらはヌータヤルヴィ社のシールが残るヴィンテージのグラス。
ヌータヤルヴィ社は創業が1793年というフィンランド屈指の老舗ガラスメーカーでした。
もともとは窓ガラスやガラス瓶、グラスなどの実用品を作っていましたが、
19世紀半ばから吹きガラスによるアートピースに注力し、技術をブラッシュアップさせていきます。
1950年にARABIA(アラビア)社を所有していたWartsilaグループの一員となった関係で、
アラビア社にいたオイバさんやカイ・フランクが赴任。
その手腕で、素晴らしいアートピースやプロダクトが続々と生み出されました。

 

flora_9

(snap by instagram)

1988年、ヌータヤルヴィ社はイッタラ社と合併。
イッタラ社のヌータヤルヴィガラス工場となりますが、フローラはここで1991年まで作られていました。
ヌータヤルヴィガラス工場は、オイバさんのバードコレクションをはじめ
職人の高度な技術を要するものに特化した存在でした。

 

flora_6

その後、イッタラ社で復刻版が限定的に販売されましたが、
ほとんどはマウスブローではなく機械による吹きガラスだったようです。
マウスブローによるガラス器の個体差や、作業によるちょっとした傷といった
素朴な味わいが失われてしまったんですね。
それも2004年に終了し、フローラは非常に入手しにくい状態が続いていました。
さらに昨年には、2014年中の(つまり今年!)ヌータヤルヴィガラス工場閉鎖が決定するという悲しいニュースが……。
今後、ヴィンテージ品はますます高額になるかもしれません。

絶対、手に入れておきたい、こだわりの復刻版!

そんな状況に風穴を空けたのが、高感度なプロダクトの販売で北欧好きにもおなじみのネットショップ、scopeさん。
この春、イッタラに別注をかけてフローラシリーズを復活させてくれたんです!
flora_5

しかも、この復刻版、こだわりまくり!
オイバさんの「フローラはマウスブローでなくては」という言葉に従って、
機械吹きだった試作品からマウスブローに変更。
職人技によるフローラが蘇りました。
ヌータヤルヴィのシールも誇らしげに輝いています!

 

flora_7

(snap by instagram)

 

包装にもこだわりが。

以前、フローラはオイバさんデザインによる紙箱に入れて販売されていました。

flora_4

(snap by instagram)

SCOPE版ではこのデザインの布でくるんで送られてきます。
包装がムダにならない、どころかうれしいオマケになっています。
サスティナブルな心遣いが素敵です!
flora_3

(snap by instagram)

 

この気合いの入った復刻版はぜひ手に入れておきたいですね。
ちなみにフローラにはFauna(ファウナ=動物相)という姉妹シリーズもあるんですが、
こちらの復刻もあるのかなと期待してしまいます!

 

●Oiva Toikka/オイバ・トイッカ(1931ー )

flora_2

ヘルシンキ大学工業芸術学部陶芸芸術学科芸術教養学科で学び、卒業後、アラビア社のセラミックデザイナーを経てヌータヤルヴィ社のデザイナーに。
数々の名作を生んだ北欧ガラスのトップアーティスト。
ガラス器以外でも、マリメッコのテキスタイルや、舞台セット、衣装のデザインまで手掛けるなど多才ぶりを見せる。
ミッドセンチュリー期から現在まで活躍を続けている数少ないデザイナーの1人。

 

 

desktop

関連記事

hay_3

HAY(ヘイ)の洗練されたデザイン文房具たち。

雑貨好きにとって、ステーショナリーは見ているだけでテンションの上がるジャンルではないでしょう…

quistgaard12

Jens H Quistgaard(イェンス・H・クイストゴー)の和テイスト漂うヴィンテージ食器

北欧デザインにはどこか日本的な雰囲気を感じさせるものが沢山あります。 それは日本人と北欧の…

tin8

北欧名作テキスタイルを日常に。almedahls(アルメダールス)のブリキ缶キャニスター。

以前、ファブリックのコーナーで紹介した、スウェーデンのブランド、Almedahls(アルメダ…

mina_nolla4

フォルムに特徴あり!mina perhonen(ミナ ペルホネン)の新しいマグカップ「nolla(ノーラ)」

日本発の北欧系ブランドとして大人気のmina perhonen(ミナ ペルホネン)。 オリ…

bersa8

【不朽の名作北欧食器シリーズ】Bersa(ベルサ)

白い陶磁器に緑の葉っぱが描かれた、生命力溢れるデザインが印象的なBersa(ベルサ)。 北…

kastehelmi_2

iittala(イッタラ)のKastehelmi(カステヘルミ)で夏の食卓を涼しげに演出

器の表面に並んだ無数のキラキラした粒が美しいiittala(イッタラ)のKastehelmi…

jacobsen_clock13

巨匠の様々なエピソードを秘めたARNE JACOBSEN TABLE CLOCK(アルネ・ヤコブセン テーブルクロック)

  北欧が生んだ巨匠、アルネ・ヤコブセン。 生涯に数多くの建築とプロダクト…

turi_eye

70年代テイストのイラストが懐かしいTuri Gramstad Oliver(チューリ・グラムスタッド・オリヴァー)のテーブルウェア

北欧デザインの中でもノルウェーのプロダクトはあまり知られていませんよね。 ノルウェーのデザ…

iittala1

iittala(イッタラ)のマグカップで始める、美味しい一杯のある生活。

フィンランドを代表するリビングウェアカンパニー、iittala(イッタラ)。 1881年の…

avec6

あなたは何を乗せる? 映画「かもめ食堂」で注目された arabia(アラビア)社の24h Avec(アベック)

映画「かもめ食堂」でおにぎりを乗せて登場。北欧好きに注目されるようになったarabi…

desktop

PAGE TOP ↑