あなたは何を乗せる? 映画「かもめ食堂」で注目された arabia(アラビア)社の24h Avec(アベック)

公開日: : 食器

avec1

avec2

映画「かもめ食堂」でおにぎりを乗せて登場。北欧好きに注目されるようになったarabia(アラビア)社の24h Avec(アベック)。
Heikki Orvola(ヘイッキ・オルヴォラ)がデザインしたアラビア社の24h(24時間)シリーズにKati Tuominen-Niittylä(カティ・トゥオミネン=ニーットゥラ)のデザインによるパターンをプリントしたもの。
トゥオミネン=ニーットゥラはアラビア社のKoKo(ココ)シリーズのデザイナーとしても知られています。
アベックはもともとフィンランド国内限定で販売されていました。
「かもめ食堂」で日本での人気に火がついた頃には、すでにアラビア社は廃盤を決定していて、日本への正規輸入は本国の在庫がなくなるまでのごく短期間。
入手の困難さが、人気をさらに上げる要因にもなりました。
その後、何度か復刻されていますが、ショップに入荷すると間もなくソールドアウトしてしまうことが多く、いまだに手に入りにくい状況のようです。

洋食器でありながら和食によく合う

avec3

人気の理由は、どことなく漂う和のセンス。
短いラインが無数に並んだパターンは畳の目を思わせます。
よく見るとラインの間隔が正確ではなくスペースが開いたりしていて、独特のリズムを感じさせます。
文様のズレには、明治時代の印判手のようなチープな楽しさも感じますね。
また小鹿田焼き(おんたやき)の飛び鉋(とびがんな)の技法を思わせるパターンでもあります。

 

avec4

上の写真、グリーンのアベックと、上に乗せた小鹿田焼きの小皿が、なにか同じ窯元であるかのようです。

 

avec5

カラーはブルーの他、グリーン、ブラウンの3色。
それぞれ20cmと26cmのプレート。24cmのパスタプレートなどが販売されています。
ネットショップでは4,000円から5,000円程度で売られていることが多いようです。
新入荷があったら即買いです!

 

おにぎりとアベックはもはや定番、あなたは何を乗せる?

avec6

映画「かもめ食堂」の人気で、おにぎりを乗せたアベックはもはやそれ自体が1つのアイコンになった気がします。
アベックを入手して、まずはおにぎりを乗せてみたという人は多いようですよ。
和食との相性には定評のある、このお皿に、みんなが何を乗せているのか見てみましょう。
snap by instagram

avec7

ブルーのパスタプレートに鯵、出汁巻き、こんにゃくの煮付け、梅干し。
網元が経営する民宿の朝ご飯といった爽やかな風情があります。

 

avec8

グリーンのパスタプレートに固焼きソバ、ブルーのプレートにイカのお刺身が乗せられています。
それぞれの色味を上手く活かしていますね。

 

avec9

もちろん洋食にも合いますよ。
グリーンのプレートにチキンカレー。

 

avec10

グリーンのプレートにはイエローが似合いますね。
パンケーキとバターがやたらと美味しそうに見えます^^

 

avec11

イチゴの赤との対比が見事。
ホイップクリームの白と合わせてトリコロールになっています。

 

avec12

ブルーのパスタプレートにサーモンクリームのパスタ。
パスタプレートにパスタという本来の使い方なのに新鮮に見える不思議……。

 

avec13

ブラウンのプレートに小さくカットされたフルーツ。
なにかお茶の席のような品格があります。

 

avec14

お好み焼き。
マヨネーズの模様がマッチしてます。

 

avec15

おでん。
おにぎりもそうですが、この手のジャパニーズ・ソウル・フードが本当に良く似合いますね!

デザイナーのトゥオミネン=ニーットゥラは親日家だそうで、日本食との相性の良さは、そのせいかもしれません。
それにフィンランド人は日本人との共通点がけっこうあるんです。
謙遜する文化や、家の中に土足で上がらないことなど。
日本とフィンランドはこんなに離れているのに、似ているなんて不思議。
日本とフィンランドの文化について想いを巡らせながら、アベックに和食を乗せるって、ちょっと素敵ですよね。

おまけ
avec16

奥に置かれたグリーンのアベックにフライが乗せられています。
が、そんなことより手前にあるお寿司を乗せたベルサ!
ベルサの模様が寿司桶に入ってる緑の葉っぱ(バラン)の代わりになってます^^;
洋食器と和食の合わせ方もいろいろですね!

desktop

関連記事

hashioki2

Lisa Larson(リサ・ラーソン)、マイキー箸置きが第二弾まで発売中。

言わずと知れた、北欧スウェーデンを代表するブランド、Lisa Larson(リサ・ラーソン)…

2014-05-12 18.57

暮らしの道具と アートピースの融合 Timo Sarpaneva(ティモ・サルパネヴァ)の Bird Bottle(バードボトル)

ころんとしたフォルムにくちばしのような注ぎ口が愛らしいこのボトルは通称Bird Bottle(バ…

flora_1

復刻版で日常使いも。マウスブローの繊細な美。Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)のFlora(フローラ)

Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)さんといえばイッタラ社のカステヘルミやバードコレク…

designletters8

アルネ・ヤコブセンの美しい文字を使ったテーブルウェア

世界的に名高いデンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンがデザインしたフォントを使ったテーブルウ…

finnair6

フィンエアーグッズにフォーカス!

フィンランドを拠点とする航空会社、FINNAIR(フィンエアー)。 創業90周年を迎え、2…

wasara4

MOOMIN(ムーミン)×WASARA(ワサラ)の紙の食器でピクニック!

WASARA(ワサラ)という紙製の食器をご存知でしょうか? 葦や竹、さとうきびの搾りかすで…

cathrineholm2

北欧ヴィンテージ食器の代表、Cathrineholm(キャサリンホルム)のあるキッチン

ノルウェーのCathrineholm(キャサリンホルム)というブランドをご存知でしょうか? …

paratiisi_eye

テーブルを華やかに彩るArabia(アラビア)の名作Paratiisi(パラティッシ)

豊かなタッチで描かれた、瑞々しい草花やフルーツ。 テーブルを華やかにしてくれるArabia…

bersa8

【不朽の名作北欧食器シリーズ】Bersa(ベルサ)

白い陶磁器に緑の葉っぱが描かれた、生命力溢れるデザインが印象的なBersa(ベルサ)。 北…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

desktop

PAGE TOP ↑