テーブルを華やかに彩るArabia(アラビア)の名作Paratiisi(パラティッシ)

公開日: : 食器

paratiisi_10

豊かなタッチで描かれた、瑞々しい草花やフルーツ。
テーブルを華やかにしてくれるArabia(アラビア)のParatiisi(パラティッシ)。
Birger Kaipiainen(ビルガー・カイピアイネン)によって1969年にデザインされました。

paratiisi_1

最初に作られたのはイエローとブルーの「イエローパラティッシ」。
プレートやボウルがオーバルなのが特徴でした。
華麗で高級感のあるパラティッシは、高価なシリーズでしたが大人気となり富裕層はもちろん庶民も争って買い求めるようになります。
一般家庭では記念日にプレゼントしあったりして、少しずつパラティッシを揃えて行くことが多かったそうです。
フィンランド語で楽園を意味するパラティッシは、その名に相応しく、幻想的とも言えるような深い魅力を湛えていますよね。

paratiisi_9

イエローパラティッシの人気を受けて登場したカラーバリエーションがブラックでした。
フィンランドの冬をイメージしたといわれるこのブラックもまた大人気に。
しかし、1974年、アラビアは経営危機に陥り、人員削減とともにアイテムも減らさざるを得なくなります。
そんな中で、パラティッシも廃盤になってしまったのでした。

paratiisi_4

(snap by instagram)
しかし、その後もパラティッシの人気は根強く、アラビアが経営を立て直した後の1988年に、まずイエローパラティッシが再び生産されるようになります。
ちなみに当時はブラックとイエローしかなかったので、イエローパラティッシではなく単にカラーパラティッシと呼ばれていました。
そして、2000年にはブラックも再登場します。
しかし、1988年に再登場したパラティッシはオリジナルと比べて大きな変更点がありました。
オーバルではなく円形になっていたんですね。
この変更にあたってはカイピアイネン自身が納得のいくまでデザインに手を入れたそうです。

 

パープルパラティッシの登場で人気沸騰!

paratiisi_3

そして2012年、新たに加わったバリエーションがパープル。
北欧の有名百貨店ストックマンの創業150周年を記念しての限定発売ということもあり大きな話題に。
日本でもパラティッシ人気が再び急上昇することになりました。

paratiisi_5

(snap by instagram)
どのカラーもそれぞれ素敵。プレート一枚あるだけで華やかですし、セットで揃えたり、違う色を組み合わせるとさらにゴージャスなムードに。
カイピアイネンは大のパーティ好きで、学生時代からの親友だったマリメッコの創業者、アルミ・ラティアたちとしばしばパーティを楽しんだのだそう。
パラティッシの華やかさは、そんなカイピアイネンの暮らしを反映しているのかもしれませんね。

paratiisi_6

(snap by instagram)
熱心なコレクターも多いパラティッシですが、これからはじめて手にするなら、まずはカップ&ソーサーがいいかも。

paratiisi_7

(snap by instagram)
セットで使うのはもちろん、ソーサーにケーキやパンを乗せたり、取り皿として使ったり。
カップ&ソーサーだけでいろいろ楽しめますよ。

 

paratiisi_2

カップ&ソーサーだけでも、テーブルが華やかになるのが嬉しいですね。
そして、その魅力にはまって、コレクターになってしまう……。
そんなコースになりそうですね^^;

●Birger Kaipiainen/ビルガー・カイピアイネン(1915ー1988)

paratiisi_12

フィンランド、ポリ生まれ。
幼い頃からアートに興味を持ちヘルシンキのCentral School of Arts and Craftsで学ぶ。
1937年、22歳のときから1988年73歳で亡くなるまでの51年間もの間、アラビア社で活躍した。
(途中、4年間はスウェーデンのロールストランド社に在籍)
パラティッシ以前にはアートピースの名作が多く、「陶芸界のプリンス」、「デコレーションの王様」と呼ばれた。

 

 

desktop

関連記事

flora_1

復刻版で日常使いも。マウスブローの繊細な美。Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)のFlora(フローラ)

Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)さんといえばイッタラ社のカステヘルミやバードコレク…

COQ_5

【不朽の名作北欧食器シリーズ】グスタフスベリ〈Gustavsberg〉のCOQ(コック)とPRIMEUR(プリムール)

グスタフスベリ(Gustavsberg)社と言えば、スウェーデンで最も有名な陶磁器メーカーの…

monamie9

【不朽の名作北欧食器シリーズ】Mon Amie(モナミ)

北欧、スウェーデンの王室御用達の窯として創業したRorstrand(ロールストランド)社。 …

moominmug2

メガネ付きがプレミアつきに!トーベ・ヤンソン生誕100周年記念ムーミンマグカップ

2014年はムーミンの生みの親である、トーベ・ヤンソン生誕100周年記念イヤーということで、…

moomin1

よみがえる!50年代のレトロ可愛いムーミン達

今年はムーミンの生みの親であるTOVE JANSSON(トーベ・ヤンソン)の生誕100周年と…

unikko1

揃えたい!marimekko(マリメッコ)”ウニッコ”誕生50周年記念シリーズ

フィンランドを代表するブランド、marimekko(マリメッコ)社。 マリメッコと聞いて、…

kodomonoutsuwa2

mina perhonen(ミナ ペルホネン)の”こどものうつわ”

日本発の北欧系ファッションブランドとして人気の高いmina perhonen(ミナ ペルホ…

ARABIA社Meri 
カップ&ソーサー

北欧の海に思いを馳せて  アラビアのMeri(メリ)シリーズ

北欧を代表するテーブルウェアメーカーと言えば、フィンランドの ARABIA(アラビア)社。 ヴィ…

2014-05-12 18.57

暮らしの道具と アートピースの融合 Timo Sarpaneva(ティモ・サルパネヴァ)の Bird Bottle(バードボトル)

ころんとしたフォルムにくちばしのような注ぎ口が愛らしいこのボトルは通称Bird Bottle(バ…

SKRUF_2

吹きガラスならではの揺らぎが特別感を放つ、SKRUF(スクルーフ)のドリンクウェア

スウェーデン南部にあるスモーランド地方は、古くからガラス器の生産が盛んで“ガラスの王国”の呼…

desktop

PAGE TOP ↑